≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2月8日の公判で、村木元課長の上司、塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)は、嘘の証明書の発行を村木元課長に支持したという検察に答えた調書を、真っ向から否定し、記憶にないと答えたと言います。
さらに、今回の事件は、検察が造りだした壮大な作り話ではないかとも話したと言います。
これで検察側の証人3人、元局長、元課長が元課長の関与を否定したり、曖昧にしたりしていて、検察の描いたストーリーは完全に崩れました。
大阪地検特捜部が、東京には負けじと、造りだした冤罪事件であることが段々ハッキリしてきました。
これが検察の体質で、検察=正義でないことを国民は認識しなければいけません。
マスコミは、検察の情報を、裏取りせずに流し、村木元課長の名誉を著しく傷つけてことに対して、責任をとるべきでです。
マスコミの責任の取り方は村木元課長への謝罪記事と、その温床となった記者クラブの解散です。

これまで、郵便不正事件の公判が4回、行われました。
検察側の筋書きは、起訴状から、厚生労働省元雇用均等・児童家庭局長、村木厚子被告(54)は障害保健福祉部企画課長だった2004年6月、部下の元係長・上村勉(40)、自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫(74)、元同会員・河野克史(69)の各被告と共謀。同会に実体がないことを知りながら、偽の障害者団体証明書を発行した、というものでした。
これに対して、村木は「私は無罪です。証明書発行には一切かかわっていません」と述べ、起訴事実を全面否認しました。

第1回公判では、上村被告が自らの公判前整理手続きで、「自分の単独犯行で、証明書は河野被告に渡した」と説明していることを明らかになっています。
河野被告が逮捕前の任意の取り調べで、検察官の意向に反した供述をすると、検察官は机をたたいて「逮捕するぞ」と脅し、逮捕後に裁判所であった拘置尋問で、河野被告が村木被告らとの共謀を否定すると、別の検察官から「長くなるな」などと言われたといいます。
村木被告の弁護人が公判前整理手続きで、河野被告や他の関係者の取り調べメモの開示を求めたところ、検察側は「廃棄した」と回答していたと言います。
第2回公判では、偽の証明書については、河野被告は村木被告側の主張を明確に否定したうえで、「事務所で証明書を受け取った。郵送で届いたのか、だれかが受け取りにいったのかはわからない」と述べたと言います。
第4回公判では、証人に立った凛の会元会長の倉沢被告=共犯で起訴=は弁護側の質問や裁判官の補充質問で、村木元局長から証明書を受け取ったとされる2004年6月上旬に別の予定を書き込んだ自身の手帳を示され、「(その時期に)取りに行けた日はない」と述べた一方で、元局長からの受領は間違いないと強調したと言います。
証人として出廷した倉沢被告は、村木被告の発言内容や便宜の依頼を否定した上で、「検察官に『事実とは違う点がある』と主張したのに聞き入れてもらえなかったと言います。

検察は村木元課長が、凛(りん)の会の倉沢元会長と同会員の河野氏と共謀して、上村元係長に命じて、嘘の証明書を造らせ、元会長に厚労省で手渡したと言っています。
しかし、元係長は単独犯で元会長に嘘の証明書を渡したと言っています。
捜査では、元課長に命じられたことになっているので、(最高裁で公文書と裁定された)取り調べの際のメモなどが無いかと検察に聞くと消却したと証拠隠滅をしています。
嘘の証明書は元会長が厚労省で元課長から受け取ったと検察は言っていますが、検察官に取り調べで脅された河野氏は嘘の証明書を事務所で受け取ったが、入手方法は不明と言います。
当の元会長は、自身の手帳を示されて、とりにいけた日はないと言い、検察官の意にそぐわないことを言うと聞き入れて貰えなかったと言います。

これらのことから見えてくることは、犯罪がほぼ確定している容疑者に対して、検察官の描くストーリーに合わせて供述調書を取ったのではないのかと思います。
容疑者は、特に犯行を認めた容疑者は完全に弱者で、弱者になってしまえば、強者=検察官に従属してしまうことはよくあり得ることです。
少年事件の場合、供述に信憑性がないと言われているのと同様です。
勿論、足利事件の菅谷さんのケースでも同様です。

検察はクロとなる証拠固め(この場合は自分たちの思う証言が出るまで)には必死になりますが、シロになる証拠固め(この場合は容疑者の手帳を調べること)をしませんでした。
全面可視化しない取り調べ、弁護士が同席しない取り調べ、微罪で23日間も拘束し、留置場で朝から晩まで過酷な取り調べ、こういう時代遅れの非人権的な、国民の声が入らない捜査手法をとっている限り、冤罪は無くなりません。


大阪地検の不正郵便事件も村木被告は無罪の可能性が高まり、東京地検の福島県知事の事件も、検察の意図していたものより遥かに軽い罪に終わりそうで、さらに西松建設の大久保秘書虚偽記載も天の声は根拠無きとして相手にされず、無罪になりそうです。
いずれも、検察の見込み捜査による暴走です。
小沢氏の3秘書虚偽記載事件も、裏金の証拠がなく、微罪で終わる可能性が大です。

こういう決め打ちの見込み捜査はやめるべきです。

『読売新聞 郵便不正初公判、村木・厚労省元局長「私は無罪」』『読売新聞 地検、取り調べメモ廃棄…郵便不正事件 村木元局長の裁判』『読売新聞 郵便不正 凛の会元会員、村木被告側の主張否定…第2回公判』『朝日新聞 偽証明受け取り「可能な日ない」 元会長、郵便不正公判』『MBSニュース■厚労省元局長の裁判 証人が「検察の主張」否定』『読売新聞 郵便不正公判、村木被告への指示を否定…厚労省元上司が証言
議員依頼「記憶ない」』を以下に掲載します。


▼続きを読む▼

このコメントは管理者の承認待ちです
ノンキャリで女性故にキャリアの嫉妬を買い‥標的にされ政治的思惑に利用されたというのが真実でしょうが…こういった女性蔑視、経歴(キャリア)重視特権意識という人権蹂躙にも似た官僚社会の卑屈さを放送メディアは殆んど取り上げませんね…(まぁ、あれだけ尻馬に乗っかって偏向報道に明け暮れりゃ無理も無いが…)
新聞報道(既成メディア)が面の皮も厚く取り上げるだけまだマシですかね…
西松事件公判も取り上げず有耶無耶にしようという感が否めませんが…
放送メディアの矜持の無さは極まっていますし、タカリの如く寄せ集まる強欲似非知識人は人間として終っていると思います。
知識人・人に影響を及ぼす立場に立った人達は一般民衆の為に依り良き社会を構築する為に貢献するべきで、我欲に走り社会を軽んじ一般民衆を誑かし誤まらせる事は絶対にしては為らない事です。
現在の既成メディアの退廃は事極まれりの感がありますが、新しき息吹きとしてジャーナリズムの根本に立ち返り矜持を以って既成メディアに反旗を翻し偏向報道に明け暮れる既成メディアと闘っているジャーナリスト達も徐々に増えて来ています。
国民も真実を見つめ退廃した権力に刃向かう立ち向かう気力を持って欲しいですね。
よんじゃる さん、コメントありがとうございます。

東京地検特捜部、大阪地検特捜部、ともに酷すぎます。
福島県知事、小沢秘書、ともに、特捜部検事が、ストーリーを描いて、長時間の拘束で自白を迫り、訴えたものの、裁判になると、証人は自白を転換させ、悪質性を示す証拠は不十分極まりなく、無罪か軽微な罪に終わりそうになっています。
こららは、検察の権力の横暴であり、見込み・思い込み捜査であり、検事の私怨であり、極めて問題で、国民主権を否定するものです。
それが、裁判の過程で明らかになってきています。
ところがマスコミは、容疑者が口答えできない起訴前には検察リークを垂れ流すのに、起訴後、被告となって、発言できるようになると、マスコミは殆ど取り上げません。
これは真実を追究するジャーナリズムを否定する行為です。

石川議員は、虚偽記載は故意にではないと、報道で伝えていたことを否定してます。
先進国のマスコミは、真実に迫る、これからが報道の本番ですが、後進国の日本は報道は収束気味、議員辞職バッシングです。
マスコミは真実を国民に伝えることをせずに、政治活動をするのが仕事のよう、一大政治勢力といえます。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。