≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 今更ながら郷原氏は、公平・公正の鑑のような人だった』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

マスコミにでるコメンテーターの殆どは、マスコミ、検察に肩を持つ人ばかりです。
実質上の最高権力を持つ検察、出演料を貰うマスコミに迎合してしまうのでしょう。
その中で、良識のあるコメントをするのが、ジャーナリストでは鳥越氏と大谷氏と上杉氏、弁護士では郷原氏ぐらいです。
特に、上杉氏、郷原氏は、記者クラブに属するメディアにはあまり出して貰えず、彼らの意見が聞けません。
記者クラブに属さないインターネットメディアで、彼らの意見を聞けることは、ネットがあるからこそです。

ビデオニュース・ドットコムから、『「小沢氏は検察に決して報復してはならない」郷原信郎氏が記者会見』のビデオをダウンロードできるようにしています。
その中で、郷原さんのインタビューだけみました。
まさに、郷原さんの言うとおりです。
検察がどこからもノーチェックで自らのドグマに陥りがちになる、これは日本の官僚の共通の特質で、これがお上体質と言え、これが国民と離反した自らを守る行動に出るのです。
検察が国民に開かれたものにならなければ、明日はないと言っていましたが、全面可視化、法務大臣の指揮権など、いずれもそのために必要です。

郷原さんと少し違うのが、西松で調べていった結果、標的に小沢氏がなったと言っていましたが、偶々ではなく、ずっと狙っていたと思います。

郷原氏は検察か政治目的化し、微罪を手がかりにあら探しし、その過程でマスコミにリークし、標的を貶めていくというやり方を危惧していました。
検察リークは検察が自分たちに有利なように捜査情報を漏らす、マスコミはそれを記事にして利益を得るという、双方にとって共通の利益が生まれて、検察とマスコミはタッグを組んでいます。
後に残るのは容疑者へのバッシングのみ、裁判で疑いが晴れたとしても、もう手遅れ、容疑者の損害はいかばかりか、名誉は回復できません。
検察の守秘義務違反のリークと、推定無罪の人に被害を与える事件報道は、法治国会にあるまじき姿で、改めなければなりません。

郷原さんは理科系、論理的な理科系の人の方が、情緒的な文系の人より捜査に向いているように思います。
法科卒の文系ばかりの法曹界に理系の人が入れるようなシステムが必要のように思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。