≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 記者会見に見る小沢幹事長のウィットと皮肉』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

まるこ姫さんのブログに敢えて反対意見のコメントをみますと、検察・マスコミの情報を何ら疑わない、盲信しているのがよく分かります。
全部のマスコミが同じ論調はおかしい、関係者の情報ばかりで、取り調べの内容まで関係者の話ででている、政権交代前後に小沢氏だけが、それも2度も念押しで、まるで政治的権力を無くすためのように、1年を掛かりでしつこく捜査されている、自民党は利権誘導政治といわれてきて、政治資金が豊富な議員は山ほどいるのに、など疑問はいっぱい湧いてきます。
低能と謙遜している人でも、自分の頭で考えれば、細かい事象に目を向けずに全体の流れを掴むと、小沢氏の追い落としが見えてくるはずです。

産経新聞 【小沢会見】(1)「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」(8日夕)
2010.2.8 20:26
 民主党の小沢一郎幹事長は8日夜、党本部で記者会見し、同日昼に首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談した際に、首相が「ぜひ一生懸命頑張ってほしい」と、幹事長続投を支持したことを明らかにした。
 詳報は次の通り。
 【政治資金規正法違反事件】
 「まず、僕から。えー、それでは最初に私から申し上げます。えー、先週末に、検察当局の最終結果が出ましたときにも申し上げたことでございますけれども、私の政治資金団体のことに関連いたしまして、国民皆様に大変ご迷惑をおかけし、また同志皆さんに大変、ご心配、ご迷惑をおかけしたことを心からおわびを申し上げたいと思います。ただ、検察当局の公平公正な捜査の結論については、皆さんもご承知のとおり。私は従来から一貫して、不正なカネは受け取っていない、不正なことはしていない、いうことを主張してまいりましたし、皆さんのこの記者会見でも何度も申し上げたつもりでございますが、そのことが明白になったわけでございますので、その点につきましては、皆様のご理解とご認識をぜひいただきたいと思っております。いずれにいたしましても、このような皆さんにお騒がせするようなご迷惑をおかけするような行為が、今後ないように私自身もまた事務所のスタッフにもしっかりと、お互いに注意をして努力してまいりたい。そのように考えております。以上です」
【首相との会談と世論調査】
 --今日幹事長はお昼に鳩山首相とお会いになって幹事長続投について確認されたと思います
 「何について?」
 --幹事長の続投
 「ああ、はあ、はあ、はあ、はあ」
 --具体的なやりとりを教えてほしい。また週末の世論調査で、幹事長の説明に納得できないという答えが8割前後を占め、幹事長辞任を求める声も7割前後を占めています。その受け止めについてお願いします
 「はい。えー、今日、総理にお会いいたしましたのは、先週末、夕方遅くなりましたので、(週が)明けて、本日お伺いをいたしました。一問一答を詳しく申し上げるわけにはいきませんけれども、現在の参議院の候補者等の状況も選考状況もご報告しながら、今後、私自身がこの国会や選挙、最大の夏の選挙が目標になりますけれども、まず予算を通す国会、そして選挙。この報告をしながら、私がこの仕事をこういうことで続けていってよろしいか、というお話を申し上げました。総理からはぜひ一生懸命頑張ってほしい、ということでございました」
 「それから、うーん、政治資金関連の団体の説明ということでございますが、えー、この政治資金団体のことに関しまして、いろいろ他の方もたくさんおられましたけれども、現実に検察当局の強制捜査を受けて、あらゆること、捜査の対象となって、私自身も2度事情の説明をいたしました。その結果が今申し上げましたような結果ですから、これ以上の説明はないんじゃないかというふうに自分としては思っております」
 「それからもう一つは世論調査ですけれども、ここ1カ月以上にわたりまして、小沢一郎は水谷はじめ、その他のところからも不正なお金を受け取っていると、けしからん人物であるという類の皆さんの報道がずっと続きました。そしてその後の世論調査でございます。今度、そのような不正はなかったということが結果として明らかになったのでありますので、私の願いとしては、小沢一郎は不正な献金は受け取っていなかった。潔白だったという報道を同じように続けていただいて、その後に世論調査をしていただければ、そのときにコメントいたします


小沢幹事長が定例の記者会見で、公平公正の検察の捜査の結果、不起訴になったと言われたのは、幹事長の検察に対する痛烈な皮肉だと思います。
公平公正な検察が下した結果が不起訴ということは、私は完全に潔白と言えると言う意味なのでしょう。
しかし、そう受け取る賢い国民は少なく、小沢幹事長は検察の捜査を肯定したと受け取るように思います。
検察の公平公正を認めると言うことは、嫌疑不十分という言葉も認めていることになるので、小沢幹事長は検察の捜査は公平・公正さを欠いていると言うべきだったと思います。
検察リーク、マスコミの世論誘導による強力な小沢下ろしの大きな流れを打破するには、検察・マスコミの検察リーク、マスコミの世論誘導を批判し、立証するしかありません。
検察リークは公務員の守秘義務違反を侵す違法行為であり、マスコミは違反と知りつつ違法行為をそそのかしており、検察の非人権的な取り調べは自白誘導であり、検察は正義ではないということを、明らかにするしかありません。
世論調査も、世論誘導したから、支持率が落ちた、正しいことを伝えれば世論調査も正しくなり、支持率も上がるということを暗に言いましたが、これも皮肉で、直接的な言い方はしませんでした。
小沢幹事長は皮肉を言いましたが、検察・マスコミとの全面戦争は結局、回避しました。

カナダde日本語の『サンプロで激論を交わす大物元検事と小沢幹事長の2月8日定例会見 (YouTube動画)』で、非検察側の郷原氏と検察側の宗像氏の激論をみました。
郷原氏も小沢氏が公平公正と認めずに、検察と対峙すべきと言っていました。
宗像氏は検察幹部が記者と懇談し、記者は関係者に取材し、再度検察幹部に尋ね、検察はその情報に正しいかどうか答えると言っていました。
明らかに情報漏洩=リークと思うのですが、相変わらず、恣意的でないからリークではないと宗像氏はこたえていました。
郷原氏はリーク問題より、マスコミが検察と同じ方向で進むことの方が問題だと言っていました。
リークをはぐらかせた郷原氏のこれには異論で、マスコミのリーク報道もさることながら、そのネタ元になる検察リークは守秘義務違反で大問題だと思います。

鈴木宗男氏の質問主意書 に検察は公平公正と閣議決定しており、鳩山内閣は検察との対決・検察批判に消極的です。
取り調べの可視化や記者クラブの解散など、検察・マスコミの改革が乗り気ではありません。
だから、反小沢グループが検察・マスコミの味方をし、小沢下ろしを画策できるのだと思います。
東京地検特捜部の極悪非道振りを暴けば、マスコミと検察の癒着を暴けば、流れが変わると思うのですが、歯がゆいです。
残念ながら、近い将来、取り調べの可視化や記者クラブの解散など、検察・マスコミの改革を期待するしかありません。
スポンサーサイト


愛てんぐさん、こんばんは。 私は最近の鳩山政権には嫌悪感を覚えてきました。その理由は、       
①記者クラブを全面解放しない(解放してれば、4日の検察の会見も、より透明になった)。
②公務員の人件費2割カットの前に、たばこ税の増税。
③自民党が政権交代後に引き出した、官房機密費の追及をしない。
④大企業の法人税、証券税制、所得税の最高税率、労働分配率を一つも語らない。   
⑤民主党は国会議員が400人以上にもなったのに、自民党の汚職を一つも追及できない。その作業をしてないように感じる。
⑥取り調べの全面可視化、弁護士立会の取り調べの義務化の2年後への先送り。
         ⑦後期高齢者医療制度廃止の先送り。 
等、まだまだ、挙げたら切りがないほどありますが、この方たちは、我々国民のほうに本当に目を向けてるのかと疑いたくなります。
そろそろ我々国民も立ち上がって、デモでも起こさないといけないような気がします。もう、じれったいし、イライラして溜まりませんよ(^_^;)
さとしさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
鳩山政権は平成維新と言っていますが、維新の意味を本当に理解しているのか、疑問に思います。
明治以来140年も続いた官僚主導政治を、政治主導に切り替える、コンクリートから人へ、土建国家から教育福祉国家へというのは、180度の方向転換です。
180度の方向転換をするには、既得権益を持つ、官僚、土建業など供給側は、生死を賭けたもの凄い抵抗があります。
友愛という美辞麗句では片付けられない、泥臭い、血生臭い、必死の抵抗があり、血や涙を見ないわけには行きません。
いい目をしてきた人達に、既得権益が無くなり自立するだけのことですが、今度は冷や飯を味わって貰う番です。
維新への凄まじい抵抗に押っ取り刀で立ち向かうと思わぬしっぺ返しがあり、もの凄い抵抗には、それ相応の強引なやり方で丁度良いくらいだと思っています。
でないと、平成維新の弾みもつきません。
マスコミや官僚、彼らに踊らされた国民の反対があっても、もっと、強引にマニフェストを履行すべきです。
参院選を睨んで、鳩山政権はソフト戦略だと思いますが、ソフト戦略が支持率を落としています。
参院選に勝って、過半数を握ってからでも良いから、もっとスピードアップを図って貰いたいものだと思います。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。