≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 長崎県知事選の結果、これで改革が後退する』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

朝日新聞 内閣支持37%「参院民主過半数」反対55% 世論調査
2010年2月22日2時0分
 朝日新聞社が20、21の両日に実施した全国世論調査(電話)によると、鳩山内閣の支持率は37%で、前回緊急調査(5、6日)の41%から下がり、内閣発足後初めて4割を下回った。不支持率は46%(前回45%)で横ばいだった。民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題について、国会で「説明するべきだ」が81%に上り、問題の解明を求める声は依然根強い。
 内閣支持率は昨年12月に前月の62%から48%に急落し、その後も下落が続いている。
 夏の参議院選挙で単独過半数の議席を目標にしている民主党だが、過半数を「占めない方がよい」という意見が55%で、「占めた方がよい」は31%と少数派だった。無党派層では「占めない方がよい」が62%とさらに高い。
 政治資金問題について、小沢氏が国会で「説明するべきだ」との意見は、民主支持層でも72%もいる。「幹事長を辞任すべきだ」は全体で64%(前回68%)あり、石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案を審議せぬ民主党の対応に「納得できない」は69%。小沢氏が不起訴となったいまも、民主党への風当たりの強さは相変わらずだ。
 鳩山由紀夫首相の政治資金問題についても、首相のこれまでの対応に「納得できない」が75%で、「納得できる」は16%にとどまった。
 来月から消費税を含めた税制改正の議論を始めたいとする菅直人財務相の発言を受けて、政府が消費税の議論を始めることへの評価を聞いたところ、「評価する」48%、「評価しない」42%だった。
 普天間飛行場の移設問題について、鳩山内閣が移設先をゼロから検討し直していることを説明したうえで、取り組みへの評価を尋ねたところ、「評価しない」が46%で「評価する」の38%を上回った。
 また、鳩山首相が枝野幸男衆院議員を行政刷新相に起用したことには、「評価する」が53%で、「評価しない」の20%を上回った。
 政党支持率は民主32%(前回34%)、自民18%(同18%)など。
     ◇
 〈調査方法〉20、21の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した。世帯用と判明した番号は3557件、有効回答は2161人。回答率61%。


長崎県知事選、町田市長選、相次いで民主党の推す候補が、自公の推す候補に大敗しました。
長崎県は現職の副知事、町田市は現職市長で、長崎県民、町田市民ともに、いずれも保守的な選択をしたということになりました。
マスコミの論調をそのまま反映した世論調査では、次の参議院選挙で民主党が過半数を占めるべきでないという意見が多くなっています。
唯一の救いは、自民党の支持は横這いで、民主党支持率の低下は無党派層に流れたようです。

日本国民は、これほど騙されやすくて、幼稚だったとは、情けない限りです。
日本国民は戦時中と変わらない、殆ど進歩がありません。
折角、政権交代したのに、参院選で民主党が負ければ、また捻れ現象で、日本はさらに沈没していきます。
日本国民は、政治の安定より不安定を好み、政治の混迷だけでなく、経済の混迷、国民生活の混迷も望んでいるのかと思うと、後先を考えない、日本国民の思慮の無さに希望を失います。
マスコミの狙い通り、自分たちに都合の良い政界再編を画策しているのかと思うと、暗澹たる気持ちになります。

政治と金だけでなく、箸の上げ下ろしに至るまで、マスコミにネガキャンされ、民主党は頼りない、やっていることは自民党と一緒と言うイメージを植え付けられれば、馬鹿な国民は一溜まりもありません。
考えることなく、判断はムードに委ねて投票行動を行います。

鳩山政権は、無駄遣いのカット、コンクリートから人へも、官僚主導から政治主導へも、不十分ながら行い、自民党政権より、大多数の国民に喜ばれる政策を行っています。
普天間だって、自民党政権の辺野古沖より、良い方向へ動かそうとしており、きちんと分析すれば自民党より良いはずです。
しかし、マニフェストで約束したものより、かなり不十分なことは確かで、強力なマスコミのネガティブな宣伝には勝てません。

劇的変化を緩和する友愛戦略は間違っていたように思います。
参院選のために、多数の支持を得ようとしたことが裏目に出ていると思います。
馬鹿な国民は政策の中味より、頼りがいがあるか無いかでみます。
平成維新を成し遂げるには強力な抵抗勢力に打ち勝たないと、実行できません。
マニフェストを強力に推し進めなかったことが、マスコミのネガキャンと並んで、大きな敗因だったと思います。

長崎県民は副知事を選んだと言うことは官僚の中の官僚を選んだと言うことだと思います。
民主党内には若くして辞めた元官僚が内閣に入って実力を発揮しており、民主党の推した候補は中央官庁の官僚ですが、弱冠40歳で、彼らと同様に、官僚と言うより有能な候補者と思います。
現知事の後を副知事が継ぐ、これは前近代的政治そのもの、時代の逆行だと思います。
地方はおしなべて保守系が強く、長崎県民も同様に、古くさい体質で、地方分権の時代で、知事がかなりのことが出来るはずなのに、あいも変わらずという結果になりました。
民主党推薦候補は農水省の元官僚で、自民党推薦候補と主張が殆ど変わらなかったことも影響したように思います。
名古屋市の河村市長のように、地方主権の視点に立ったユニークな政策を示せば、これほどの大差にならなかったし、諫早湾のギロチンの開門に賛成の意見を出しても、かなり注目を引きました。
また、民主党が、利益誘導のようなことを言ったと伝えられており、それが真実ならば、自民党的で最悪でした。
大仁田氏に票が流れたというのも、浮動票は所詮、馬鹿な人達だということの現れです。
その受け皿になれなかった民主党も良くないですが、マスコミのネガキャンが既成政党離れを起こさせた、マスコミの力が大きいと言うこともよく分かります。

このままずるずるマスコミのシナリオ通りに行かないように、反転攻勢して欲しいものだと思います。
それには原点復帰、初心貫徹、今からでも遅くない、マニフェストの強力な遂行あるのみと思います。
たとえできなくても、必死の姿を、強い姿を国民に示すことです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。