≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『なんでんかんでん うんざりする八ッ場ダムに群がる自民党議員と官僚達の呆れ返る所業…』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

八ツ場ダムをストップさせる埼玉の会」によると、「ダムを作らんがためのデータ捏造が発覚」が紹介されていました。
東京新聞が、国交省の飽和雨量の数値の捏造をスクープし、「えらいぞ東京新聞! 国交省の飽和雨量の数値のトンデモをスクープ」で紹介されています。
記事によると、利根川流域の計画高水流量は八斗島地点で押さえるのですが、その上流域の流出率が0.5(半分が森林に保水され、半分が下流に流出)で、山林で貯留する飽和雨量が48ミリという計算は、貯めなさすぎということを指摘しています。
流域の山々が禿げ山でもない限り、飽和雨量が48ミリはあり得ず、利根川の流域の森林ならば、もっと保水して、飽和雨量が130ミリは行くだろうとのことです。
国交省はハゲ山で踊る ―八ッ場ダムをめぐって」では、国交省の「今後の治水のあり方に関する有識者会議」の第4回会合(2月8日開催)で、鈴木雅一委員(東京大学大学院教授)から、利根川流域の異常に低い飽和雨量の設定に深刻な疑念が提起されたそうです。
八ツ場ダムあしたの会」にも「飽和雨量を過少設定 ダムを造るための数字操作か(東京新聞)」が紹介されていました。

公共事業を増やそうと恣意的にではなく、正確に予測すれば、山の方で、もっと保水できることになり、川に雨が流れ込む量が大幅に減り、川から水があふれ出し、洪水や氾濫の危険性は減ることになります。
利根川流域で、八ッ場ダムだけでなく、今後もダムは倍ほど作らないといけなく、八ッ場ダムを作ったとしても糠に釘のようなことを前原大臣が言っていたような記憶があります。
100年に1度の大雨の時でも、下流で氾濫が起きないようにするには、国交省の河川関係の役人たちの思惑よりも、もっと少ない整備で済む可能性がありそうです。
八ッ場ダムのような費用対効果の低いダム事業ではなく、河川の改修、遊水池の整備、森林の育成など、自然を生かした河川行政に重点を移すこともできるでしょう。

官僚の需要予測は、ダムに限らず、空港、道路、港湾など、パラメータ(係数)を操作して、需要増大を見込んだ公共事業が多いことは、八ッ場ダム、長野県の浅川ダムの例を見ても、容易に想像がつきます。
パラメータは複数あるのがふつうで、少しずつ水増しするなど、巧妙な手はあるのでしょう。
今朝のスパモニでは、茨城空港の需要予測の捏造を報道していました。
当時の運輸省がJALに茨城空港の需要予測を依頼したところ、JAL担当者はどんなに下駄を履かせても、18万人がいっぱいだと答えたが、運輸省担当者が頭を使えといって、パラメータを少しずつ上げて、何と妥当な線の5倍以上の80万人という数字を出せました。
先に結論ありきの需要予測、税金を食いものにしていて、恐ろしいですね。
最近開港した茨木空港は2路線のみで、80万人には遠く及ばない10万人程度と言われています。
建設費は元は取れず、管理費は掛かるばかりです。
こういった施設が全国に山と言うほどあり、少子高齢化を迎え、重い負担となって、国民の背中に掛かってきます。

そこには国の将来像も考えず、地域や土建業界、官僚と自民党政治家たちの目先の利益だけを追いかけて、負の遺産です。
公共事業は、国のことなどどうでも良い、土建官僚と土建業者、自民党政治家たちの将来に亘る自分たちの飯の種確保だったようです。
結果だけでなく、全ての積算データを公開すべきです。
国民には業界の人も含まれ、良心的な技術者もいて、捏造しても見破る力があります。
国民が自民党政治を容認し、これを放任してきた結果であり、一部国民がこの利益に群がった結果でもあります。
自業自得といえますが、結果責任は常に国民がトラされます。
国民はお上にお任せを改め、お上のやることに興味を持ち、勉強して、賢くなり、自分の頭で考え、参加をすることが、こういう馬鹿な漬けを廻さなくなり、たとえ多少失敗しても今のように他人事のようにせず、それを踏み台にさらにより良い姿が得られるものと思います。
国民の程度が政治の程度で、政治をけなすのは自分をけなすことと考え、完全否定や忌避ではなく、よりよくなるよう、建設的、プラス思考で行動すべきと思います。
一足飛びに政治が良くならないのは、国民が劇的に変わらないためであり、政治を良くするには国民が変わらなければならないと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。