≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 批判のための批判は虚しい「贅沢な公邸改修」』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

公邸改修費、鳩山首相は安倍元首相の2倍
 政府は9日の閣議で、過去3代の首相が公邸に入居した際にかかった改修費などについて、安倍元首相は約222万円、福田元首相は約282万円、麻生前首相は約382万円だったとする答弁書を決定した。
 自民党の高市早苗衆院議員の質問主意書に答えた。
 政府は2月23日の答弁書で、鳩山首相の公邸入居に伴う支出は約474万円だったことを明らかにしている。
(2010年3月9日17時32分 読売新聞)


政府は自民党高市議員の質問主意書に応えて、官邸の改修費を閣議決定しました。
それによると、過去三代の首相の中で一番、改修にお金が掛かったとそうです。
各紙の見出しを見ると、時事通信は「安倍、福田、麻生氏も公邸改修=首相在任中に支出-政府答弁書」という色のつかない見出しに対して、読売新聞は「公邸改修費、鳩山首相は安倍元首相の2倍」、産経新聞が「公邸改修 平均予算を179万円オーバー 洗濯機はパナソニック製」と、贅沢をしていると、鳩山首相を貶めようという悪意を感じる見出しです。

抜けている視点は、自民党政権が4年で3代合計886万円も官邸改修費が掛かっているという点です。
次の衆院選まで、鳩山政権だけで終われば、自民党政権の半分近くで済ませていることになります。
従って、この時点で多いというのは、早計です。
マスコミは評価する言葉を入れるならば、鳩山首相が突出すると言うだけでなく、3代の合計費用は高くついているという指摘も併せてすべきです。

マスコミも日本を動かしている大きな権力なのに、当事者意識が殆ど欠落していて、批評ばかりを繰り返しています。
それを見ている国民も完全な当事者のはずなのに、マスコミに感化されて当事者意識が欠落し、批判ばかりで、傍観者です。
特に、沖縄問題を含め、先送りしてきた根源的問題について、対峙しようとはせず、タブー視して、無責任を装うとしています。
国民の不適当な対応が、官僚と癒着した自民党長期政権を存続させ、根本問題の先送りが積年の膿となって現れ、二進も三進も行かなくなり、きれい事を言っていた民主党も、あまりの山の大きさに立ち往生しています。
根本問題を先送りしてきた、官僚と一体となった自民党政権を長期に亘り支持してきた国民に最も大きな責任がありますが、漬けは全て国民に廻されるため、自業自得となります。
許されないのは他人を批判するが自分を批判しないマスコミで、根本問題を解決しようとせず、官僚主導の自民党政権を存続させてきた、マスコミにも大いに責任があります。

民主党が苦しんでいるのは、自民党政権が先送りしてきた問題ばかり、負の遺産の解決に手間取っていて、難儀しているのは民主党の力が足らないのは確かですが、自民党長期政権でも解決できなかった問題です。
解決できないのに、自民党に長く政権を任せてきた国民に大いに責任ありと思います。
鳩山政権に即刻解決せよというのは、余りにも酷な話で、自民党並みに、もっとチャンスを与え、叱咤激励するのが筋だと思います。

みのもんたやコメンテーターが民主党を批判しますが、その原因を作った自民党政権、それを許してきたマスコミ、自民党を支持した国民を先に批判してから、民主党を批判すべきです。
批判するなら誰でもできます。
テレビに出て、庶民が聞くとびっくりの高額所得を取っているなら、対案や建設的意見を出すのは当然です。
沖縄に重すぎる基地を押しつけてきた基地問題に、テレビに出ている高額所得者が、沖縄、日本、アメリカが喜ぶ名案を民主党に代わって見つけてきたら、彼らを認めようと思いますが、そんなことはあり得ないでしょう。
国民も他人事のように批判だけしないで、当事者として勉強し、対案や建設的意見を自分なりに考えるべきです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。