≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 高校無償化法案、朝鮮学校除外に賛成?反対?』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

読売新聞 朝鮮学校どうなる?揺れる政府・与党…高校無償化

 新年度から実施する予定の高校授業料の実質無償化の対象に朝鮮学校を含めるかどうかを巡り、政府・与党が揺れている。
 この問題に火を付けたのは、拉致問題担当の中井国家公安委員長だ。
 北朝鮮に経済制裁を科している点と整合性がとれないとし、川端文部科学相に対象からはずすよう要請したことが2月下旬に明らかになった。これに対し、文科相は5日の衆院文部科学委員会で、「(朝鮮学校の教育内容が)高等教育の課程に類するかどうかを、普遍的・客観的に判断する立場で決めたい」と述べ、拉致問題や国交がないことを判断基準にしない考えを強調した。
 社民、国民新両党は5日の幹事長会談で、「朝鮮学校を対象に含めるべきだ」という考えで一致した。今後、政府側にも働きかけを強める構えだ。一方、民主党の平田健二参院国会対策委員長は対象外にすべきだという見解を示すなど、与党でも主張は分かれている。
 「行司役」が期待される鳩山首相の発言も揺れ動いている。2月25日にはいったん中井氏の考えに理解を示したが、翌26日には「結論は出ていない」と軌道修正した。最終的には、文科相に判断を任せるつもりのようだが、文科相は周囲に「どちらにするにせよ、可能な限り理屈を立てないといけない。だから難しい」と語っているという。
 衆院で審議中の関連法案は、朝鮮学校を含む「各種学校」は、「高校の課程に類する課程を置くもの」に限って無償化対象とすると規定している。法成立後に省令で具体的な対象を定めることになるが、文科省は授業内容や就学年数、授業日数を基準に判断する方針だ。
 文科省は2010年度予算案に高校無償化の費用3933億円を計上する際、各種学校のうち、朝鮮学校をはじめとする外国人学校の高等課程も対象に含めた。「就学年数などの基本的な枠組みを満たしていると考えられた」(同省幹部)からだ。同じ各種学校でも、自動車学校などはこの時点で対象から外している。
 文科省によると、日本の高校課程に相当する「朝鮮高級学校」は全国に11校(うち1校は休校中)あり、昨年5月1日時点で約1900人の生徒が学んでいる。無償化の対象になれば、国から都道府県を通じて就学支援金(生徒1人あたり11万8800円)が学校に交付される。
 無償化に反対する議員の中には、「生徒に渡すのでなく、学校という組織に支援金を渡す仕組みなので、拉致問題での制裁措置と矛盾する印象が強くなる」という声もある。
(2010年3月7日10時16分 読売新聞


長い不景気で昇給がない、コイズミカイカクで非正規社員が増えて、こどもを持つ家庭は収入が少なくなり、こどもに教育費を掛けられない、親の収入が子どもの学歴に影響を及ぼす、一連の動きが少子化を促進しているなど、子どもを取り巻く環境は極めて厳しくなっています。
家庭で親が子どもに恵まれた環境を与えることは格差社会では不可能に近く、社会が子どもを支援しないと、実現しなくなっています。
それ故、義務教育までは子ども手当、高校は授業料の無償化は、民主党の目玉施策です。
子どもにお金を掛けることは、少子化対策、教育対策、福祉対策にもなり、日本の国力、国際競争力向上に欠かせない政策です。
北欧では子どもにお金を掛けた結果、学力、国際競争力は世界有数となっています。

子どもたちへの支援は、分け隔てなく行うことが、全体の底上げ、少子化の歯止めになることで、本来の趣旨です。
高校授業料の無償化は、差別することなく、すべて対象にすべきと思います。
子ども手当と同様、次代を担う子どもたちに恩恵を与えるもので、個人の心情思想は元より、背景となる国や家族などで差別すべきではないと思います。
日本に育って日本を支えていこうとするなら、日本の活力になるはずです。
イラクで人質になった人達を自己責任と、ときの自民党政府に楯突くものは容赦ないのと似ていて、良い感じがしません。
心を大きく持って、寛容の精神で当たれば、どんな人もありがたみや暖かさを感じ、わだかまり無く、社会の一員として、貢献することでしょう。
勿論、北朝鮮の国が拉致問題を起こしていますが、国民には罪はなく、ましてや日本で暮らし日本の環境に適応している在日の人達、さらに言えば、その子どもたちに、どうしようも対処できない責任や対抗措置を負わせることは論外です。
朝鮮学校など、民族意識が強くなっていて、北朝鮮を拠り所とするのも、差別が生んできた結果とも言えます。
一方的に、断罪することは、不公平ではないかと思います。
良い関係を築くのは、差別し区別するのではなく、強い方から、友愛の精神、寛容の精神で接することが必要だと思います。

日刊スポーツ あわや乱闘!馳氏が詰め寄り真紀子氏ムッ
 12日の衆院文部科学委員会で、高校無償化法案の採決をめぐり、民主党の田中真紀子委員長と、プロレス出身の自民党の馳浩衆院議員が一触即発の事態になる場面があった。
 焦点だった朝鮮学校の扱いを明かすよう求める自民党に対し、川端達夫文部科学相は明言を避けた。自民党は審議継続を求めたが、民主党理事が緊急動議を提出、真紀子氏は強行採決に踏み切った。これに反発した馳氏が委員長席に歩み寄り「言っていることとやっていることが違う」と、真紀子氏が手にしていた資料を奪い取った。
 真紀子氏はムッとして馳氏をにらみつけ、あわや“乱闘”寸前、民主党議員らがとりなした。委員会再開後、馳氏は「田中委員長に抗議する。協議もせずに採決したことを恥ずかしいと思わないのか」と、怒りが収まらなかった。
 [2010年3月13日8時25分 紙面から]


馳議員が真紀子議長のペーパーを奪い取って、投げ捨てたのは、暴力行為で見逃せません。
プロレスラーは乱暴者、国会議員に相応しくないと言われかねません。

中日新聞 母国の子にも友愛精神? 自民、外国人の子ども手当で批判
2010年3月11日 朝刊
 月額1万3000円の子ども手当が海外の外国籍の子どもにも支給される-。子ども手当法案を審議する10日の衆院厚生労働委員会で、こんな支給要件に疑問符が付いた。
 子ども手当は外国人でも受給でき、法案では受給要件として、子を保護・監督する父母らが日本に居住することを挙げている。しかし、子の居住場所には要件がない。日本に住む外国人の親ならば、母国にいる子も支給対象になる。
 現行の児童手当と同様の支給要件にしたためだが、子ども手当は破格の支給額になる。居住外国人が比較的多いといわれる東京都荒川区では、2010年度の半額支給だけで、約2500万円が海外の外国籍の子に支払われる計算だ。
 委員会では自民党の大村秀章、棚橋泰文両氏らが「日本人の子が借金を背負い、海外の外国籍の子を養育するのが友愛精神か」と批判を強めた。
 鳩山由紀夫首相は答弁で「11年度の本格実施では議論する必要がある」と見直しを検討する考えを示した。物価の低い途上国ならば巨額の手当になるだけに、政府も「大きな財源が海外に流出する問題意識は共有する」(山井和則厚労政務官)と問題点を認めざるを得なかった。


自民党の政策だった児童手当が外国人にも支給していたことを知らなかったのは、自分の党の政策に勉強不足が露呈していました。
日本の税金なのですから、日本に住む子どもたちに支給するのが筋のように思います。
外国人であっても、日本で育っていれば、支給すべきと思います。
外国で育つ子どもたちは、対象外にすべきではないかと思います。
子どもに支給するのですから、保護者のいない子どもたちも勿論対象にすべきと思います。
支給要件を児童手当の延長上で考えたのは、鳩山政権の間違い、もっときめ細かに対応すべきです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。