≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 マスゴミは鳩山政権支持率急落と煽っているが、業界の自民離れはすさまじい』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

マスコミのマッチポンプによる世論誘導で、政治不信が高まり、民主党支持から無党派へ逆戻りしているようです。
民主党支持から自民党へ移るなんてこともできないし、無党派層は選挙に行かなくなるでしょうね。
そうすると、組織票を持つ公明党が有利になり、民主党が単独で過半数をとれないなると、公明党の協力を得ることになりそうです。
公明党とは政策的に違和感は少ないですし、我の強い国民新党のように振る舞わされることもないので、大人しく紳士的な民主党の組む相手として、相性は良さそうです。
みんなの党が伸びそうですが、自民党の受け皿でしかないでしょう。

鳩山政権の広報ベタは目に余ります。
マスコミに対抗できるようなもっと上手い説明をすべきです。
検察リークなど、マスコミより政府の言うことの方が信じられるような情報をどんどん発信すべきです。
鳩山首相のぶら下がり、口べたの平野長官を止め、原口氏のような饒舌な専門の広報官を置くべきですね。
首相が官房機密費を原則オープンにするといっているのに、平野長官が打ち消すなんて、許せません。
鳩山首相は平野長官を更迭し、もっと能力のある人にすべきです。

政策より、政局ばかりを優先する日本のマスコミは異常です。
だから、生方氏に飛びつくのです。
民主党が広報戦略をしっかりさせて、政策論議に持ち込んで、マスコミをリードすべき、引きずられまくって後手後手で、どうするのですか。

郵政改革案が金融庁から出てきました。
先に担当大臣から案があって、他の国務大臣たちが意見するというやり方は、省庁、官僚主導のように思います。
順序が逆で、国務大臣たちが集まった閣僚会議で首相のリードの下に、法案の骨子を作り、それを金融庁で具体化させるような方法にしないと、政治主導にならないような気がします。
省庁で作るから、自民党政権と同じと言われるのかも知れません。
省庁が勝手に発言するから、バラバラ、迷走すると言われるのです。
首相がリーダーシップを発揮し、内閣官房で閣僚が集まって方針を決定し、それを省庁に下ろす仕組みにすべきと思います。

財界や営利団体から、自民党離れはどんどん進んでいます。
政治献金をして、献金に見合う政策を実行してくれるから、政治献金を出すのであって、政権の座にいなければ、献金を出す意味は全くありません。
自民党に人が集まっていたのは、権力とお金がセットとなっていたからで、それがなくなったら、自民党議員である意味は殆どないという人がいっぱいいるでしょう。
政策の実現より、政権の座にいることが大事、彼らは自分党なのです。
4年の任期中、総辞職は行っても、総選挙は絶対行ってはいけません。
自民党応援団は、金の切れ目が縁の切れ目、どんどん離れ、4年もあれば、組織はガタガタでしょう。
徹底的に地方分権を図って、中央と地方の支配関係を弱め、自民党の地方の集票構造を分断すれば、もっとガタガタになるでしょう。
最後の決め手は、やっぱり企業・団体献金の禁止です。
如何なる政治団体へも企業・団体による寄付行為を認めないことです。
迂回献金も認めてはいけません。
そうすれば、金目当てに議員になるひとは無くなるでしょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。