FC2ブログ
≪ 2019 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2019 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 自民、選対本部長は舛添氏に蹴られて石破、石原だと』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

幹事長代理に河野氏=「政権力委員会」を設置-自民
 自民党は5日夕、党本部で臨時役員会を開き、党再生に向けて「政権力委員会」(ネクスト・ジャパン)を設置することを決めた。夏の参院選に向けた体制強化の一環で、谷垣禎一総裁が役員会後の記者会見で明らかにした。谷垣氏は、離党届を提出した園田博之前幹事長代理の後任に河野太郎衆院議員を起用する方針を決めた。
 河野氏は昨年の総裁選に出馬し、谷垣氏に敗北。大島理森幹事長以下の役員刷新を要求するなど、執行部に批判的な若手・中堅の代表格として知られる。谷垣氏には、河野氏を取り込むことで執行部批判をかわす狙いもあるとみられる。 
 政権力委員会は執行部内で検討されている「シャドーキャビネット(影の内閣)」を先取りする組織で、来年の党大会で党則改正し常設機関とする方針。役員会では、人事を谷垣氏に一任することを了承。谷垣氏は週内に人選する予定で、若手・中堅を起用する考えだ。
 また役員会では、衆参両院議員による「全議員懇談会」を月2回のペースで開く方針も確認した。(2010/04/05-21:31)

参院選本部長代理に石破氏ら=選対局長に河村氏-自民
 自民党は6日午前の役員会で、参院選挙対策本部の陣容を決定した。本部長には谷垣禎一総裁が就任。同氏は本部長代理に総裁選出馬経験がある石破茂政調会長、石原伸晃組織運動本部長、小池百合子広報本部長を抜てきし、選挙戦勝利に向け挙党一致態勢を敷いた。選対本部は午後に正式に発足する。
 大島理森幹事長は役員会後の記者会見で、選対本部メンバーについて「われわれは政権力、責任力、政策力がある。責任もしっかりとしたものがあるということを考えた。みんなで戦うことが狙いだ」と説明した。役員会では、体制強化の一環として、河野太郎衆院議員の幹事長代理就任を正式決定するとともに、大島理森幹事長が兼務する選対局長に、河村建夫選対局長代理を昇格させることも新たに決めた。
 ただ、執行部刷新要求の筆頭格である舛添要一前厚生労働相は本部長代理の就任を固辞したため、今回の人事で党内の混乱が収まるかは不透明だ。(2010/04/06-13:32

党改革できねば辞める=就任会見で早速「河野節」-自民
 自民党の河野太郎幹事長代理は6日午後、党本部で記者会見し、幹事長代理就任に当たり谷垣禎一総裁に、「自民党を変えるために幹事長代理になる。(谷垣氏に)変える意志がないことが分かったら、その時点で辞めさせていただきます」と通告したことを明らかにした。
 河野氏は会見で、政治資金の透明化や、構造改革の徹底による「小さな政府」の実現を政策の柱に据えるよう求める考えを強調。「(谷垣氏の取り組みが)駄目だなと思ったらさっさと辞めるつもりだ」と明言した。河野氏によると、谷垣氏は「最初から全部はできないかもしれない」と答えた。
 また、河野氏は「早く『代理』が取れて幹事長になりたい。古い人(ベテラン議員)は少し後ろに下がってほしい」と世代交代の必要性も訴えた。重鎮の青木幹雄前参院議員会長が夏の参院選の公認候補として出馬することについても、「前から反対だ。選対本部長をやれというなら青木さんの首を最初に切った」と語った。(2010/04/06-16:32)


出てくる名前をみると、日本をどん底に落としてきた人達ばかりですね。
自分たちが権力に復帰しようなんて、10年早いです。
10年以上、国民への贖罪のため下野して反省すべきです。

みんなでやろうぜと言っていたことが、与謝野氏たちがでていって始めて気がついて、半年経って、選挙のために漸くやろうとしています。
もう一つ忘れているのが、総括です。
新自由主義をどうするのかをはっきりしてからにして欲しいですね。
ネクストジャパンもその辺が決まらないと、意味ないのはないでしょうか。
小泉改革継承者たちとそうでないものも入っており、この辺が上手く行かないのではないのでしょうか。
結局は保守派と新自由主義派の主導権争いなんでしょう。

舛添氏は、谷垣総裁の下に入りたくないと思ってるのでしょう。
麻生内閣に入り、その後連帯責任で総裁選に出られなかったので、谷垣総裁後任の芽を潰さないよう、谷垣執行部の役職を断っているのでしょう。
新党を作る資金もなく、党内から人望もなく、ミスリードした厚労大臣くらいで確たる実績もないのに、党をでるはずがありません。
少数で党を出ても総理大臣になれないことを心得ており、総理大臣になるには自民党の総裁に、総裁になるには自民党の多数派になることと考え、自民党を乗っ取る戦略だと思います。
谷垣体制で自民党が参院選に負ければ、その後を自分の番だと思っているのでしょう。

党内で人気のない舛添氏が、何故か、世論調査で総理大臣にしたい人で断トツだそうです。
小泉ジュニアが亀井大臣の世論調査の通りなら政治家は入らないと言ったことに対し、国民が馬鹿だと言わんばかりで、国民を馬鹿にしていると吠えていましたが、舛添氏を人気投票のように、総理大臣候補ナンバー1にしているのは、どう考えても、相当数、馬鹿な国民がいることは確かです。
彼は小泉改革が中途半端だったから良くなかったもっと構造改革・規制緩和すべきと言っていました。
彼は、庶民の生活を破綻させた、弱肉強食の格差社会をもたらした新自由主義者です。
絶対に彼らに政権を握らせてはいけません。
スポンサーサイト





いつも痛烈に本質を指摘されるご批判には感服しています.
舛添氏は,政治的手腕よりも,老母の介護や家庭のゴミ出しなどで若い女の子や主婦たちの庶民的感情に訴えて茶の間の人気者といえます.
議員であれば総理に立候補する被選挙権はありますが,参議院議員,それも選挙区を有しない比例区では,浮動票をかき集める客寄せパンダでしかありません.総理に選ばれるには長い道のりがあり,政治的実績を残す必要があると思います.当分,総理の芽は無いでしょう.
マスコミ妄信者 さん、コメントありがとうございます。
仰るように、舛添氏は参議院議員ですね。
これまで、自民党総裁に参議院がなったことはないはずです。
衆議院は常に解散の可能性がありますが、参議院は6年の任期を全うできます。
参議院はサラリーマンのようなもの、そんな人に党を任せられないというのは、良く分かる論理ですね。
与謝野氏が比例区の復活当選組、もっと、自分に相応しい、潔い実の処し方を採るべきですね。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。