≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 新党「たちあがれ日本」 笑っちゃいました。』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

時事通信 「立ち上がれるか心配」=新党名に皮肉-与野党幹部
 平沼赳夫元経済産業相らが結成を目指す新党の党名「たちあがれ日本」をめぐり7日、与野党幹部の記者会見などで皮肉を込めたコメントが相次いだ。
 民主党の平田健二参院国対委員長は「立ち上がれるかどうか心配だ」とやゆし、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は「立ち上がれと言われても、日本はどうやって立ち上がるのか」と、国民生活に関する基本政策が不明確なことを批判した。
 国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は「あまり関心ない」と突き放した。
 共産党の小池晃政策委員長は「『三十にして立つ』というのはあるが、(参加者の)平均年齢はかなり離れている。立ち上がってやるのが消費税増税と憲法改悪ならば歓迎できない」と冷ややかな見方を示した。
 自民党の田野瀬良太郎総務会長は「分かりやすいいい名前」としつつ、「立ち上がるには、名前にふさわしい若い世代がほしい」と語った。(2010/04/07-22:07)

産経新聞 「たちあがれ日本」に「立ち上がり切るかな?」 民主・平田氏
2010.4.7 18:36
 民主党の平田健二参院国対委員長は7日の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相らが結成を予定する新党の党名が「たちあがれ日本」になったことについて、「立ち上がり切るかな?。残念ながらそういう目で見ていない。(参加者が)古過ぎる、立ち上がれるかどうか心配だ」と酷評した。

新党を「立ち枯れ?」 喜美氏がチクリ
2010.4.7 18:39
 みんなの党の渡辺喜美代表は7日の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党の党名「たちあがれ日本」を「立ち枯れ」と聞き間違えるように言い、会見場を爆笑させた。
 その上で、党名について「ちょっと長すぎるんじゃないか」「おっしゃる意味は何となくわかるが、『名は体を表す』で、立ち上がるためには、もうちょっと若々しいパワーがあったほうがいいのでは」とチクリ。
 新党との連携も、アジェンダ(政策課題)が違うのを理由に「ありません」と言明した。


平沼、与謝野氏は新党の名前を『たちあがれ日本』にしました。
石原都知事の命名だそうです。
『たちあがれ日本』というより『たそがれ日本』、『立ち枯れ日本』です。
彼らは、日本を立ち上がれなくさせてしまった自民党政権の幹部です。
立ち上がれと言う前に、立ち上がれないほど、日本を駄目にした自分たちの反省の弁をとって欲しいです。
そして、日本を黄昏れさせてきた人達は日本を黄昏れさせた責任を取って、ナベツネ、中曽根ともども、消え去って欲しい、引退しマスコミから遠ざかって欲しいです。

『たちあがれ日本』は石原都知事の命名とありますが、『立ち上がれ!日本』ネットワークという保守系シンクタンクが既にあり、これのパクリかも知れません。
『立ち上がれ!日本』の呼びかけ文をみると、立ち上がれは日本でなく保守層を意味しているようです。
平沼氏も同じような考えだし、何か、裏で繋がっているのかも知れません。
他にも、竹中氏の著書に「立ち上がれ!日本」(PHP研究所)があります。
竹中氏は郵政民営化を進め、平沼氏がそれに反対しました。
こんな名前でよいのか、石原知事が名づけたというが、あまりにいい加減すぎます。

与謝野氏は選挙区で民主党の海江田氏に敗れ、比例区で復活当選した。
自民党の名前で通ったのに、自民党を離党するなら、自民に議員を帰して、辞職すべきです。
比例で復活当選した者が大口を叩くとは、偉そうなことをいたいのならば、辞職してからにすべきです。
参院選で立候補し、当選してからなら、聞く耳を持ちますが、今のままでは自民票で議員でいられる半人前の戯言に過ぎません。

彼らは自民党の老害を自覚して、自ら姥捨山に移ったのではないかと思います。
自分党の多い自民党の中でも、両氏はかなり意見が異なり、少数政党であり得ない組合せです。
民主党政権の邪魔をし、過半数割れをさせ、政界再編のキャスティングボートを握ると言う新党設立の趣旨は、動機不純で、国民の賛同を得られないでしょう。
また、民主党も、民主党を敵対視する彼らと組むことは絶対あり得ません。
多分、花も咲かず、お役ご免で、このまま政界から引退になるでしょうね。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。