≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 「私は愚かな総理」発言を斟酌出来ない、しないマスゴミ、自民党』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

朝日新聞 鳩山首相「辺野古に決めていれば、どんなに楽だったか」
2010年4月21日20時19分
 鳩山由紀夫首相は21日、自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表と、3回目の党首討論に臨んだ。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)について、首相は県外移設を追求する方針を再確認。一方で、「沖縄から遠くに移すことは適当ではない」と述べた。鹿児島県徳之島への移設案が念頭にあるとみられる。今後の交渉で、地元の合意よりも米側との折衝を優先する考えも示唆した。
 論戦は、政権最大の懸案事項になった普天間問題一色に染まった。谷垣氏は、今月中旬の訪米でオバマ米大統領と公式の首脳会談ができなかった首相を「最大の敗者」「ますます愚か」と酷評した米ワシントン・ポスト紙をとりあげて、首相の資質をただした。首相は「私は愚かな総理かもしれない」と認める一方で「(日米合意で移設先とされた)辺野古の工事は進んだか。あとちょっとで普天間が返還できる状況ではなかった」と、自民党政権時代の取り組みを批判した。
 首相は3月31日にあった前回の党首討論で谷垣氏に対し、「腹案はある」と明言していたが、「本命」とされる徳之島の首長への働きかけが不調に終わり、5月末の決着は絶望視されている。首相は昨年12月、移設先の決定を先送りした判断に触れて「もしも辺野古に決めていれば、どんなに楽だったか」と漏らすなど、苦しい立場をにじませる場面が目立った。
 さらに、「地元よりも、まず腹案が米国に理解されるかどうかを水面下でやりとりしないといけない」と述べ、移設先の地元合意を後回しにする可能性を示唆した。
 谷垣氏は「職を賭して5月には解決すると約束してください」と迫ったのに対して、首相は「必ず関係閣僚と協力しながら結論を出す決意を改めて申し上げる」と、自身の進退論は回避。一方で「すべての政策の実現に向けて、職を賭してがんばることは言うまでもない」とも語った。(村松真次


<鳩山首相の素直さが良い面であり悪い面>
鳩山首相の「私は愚かな首相かも知れない」という発言は、偽らざる素直な言葉は、今までにない正直な首相です。
しかし、「辺野古のままの方が楽」はあまりにも愚直すぎ、首相として弱音を吐いていると見られ、言ってはいけない言葉です。
政治と金などで心労が絶えない面は良く解りますが、一国の総理が弱音を吐くべきではありません。
首相の良い面であり、悪い面です。

<鳩山首相の優柔不断は国民の現状を反映>
真面目で素直、謹厳実直な日本人らしい発言です。
弱音を吐き、決断力に欠き、揺れ動くのも日本人らしさが滲み出ています。
首相の発言が今の置かれた日本国民を代表しているのではないでしょうか。
何事も決められない国民の程度を示していると思います。

<マスコミは鳩山首相を批判しても解決せず>
自民党長期政権は沖縄基地問題に消極的だったのを、鳩山政権が初めて、普天間を県外・国外移設という、抜本的な基地軽減策に乗り出しました。
自民党政権が何十年掛かってもできなかった、これは極めて画期的なことで、評価すべき事です。
マスコミも鳩山政権の迷走を批判しますが、それなら普天間はどうするのかと言いたいです。
鳩山政権を批難しても、問題は一切解決しません。
鳩山政権を叩けば叩くほど、鳩山政権は追い込まれ、アメリカにどんどん有利になるだけです。
今後もずっと自民党政権のように沖縄に基地の殆どを押しつけていて良いのですか。
マスコミは他人事のような批判ばかりでなく、自分のこととして、責任ある報道をして欲しいです。
鳩山政権が力不足と思うなら、日本が不利とならないよう、もっと鳩山政権に力を貸していくべきです。

<鳩山首相は最初から国外・県外公言して進めるべき>
鳩山首相に辺野古ではいけないという考えがあるのですから、はじめにそれを言って欲しかったと思います。
辺野古は駄目で、県外・国外だと最初から言えば、迷走はなかったし、関係大臣の足並みの乱れもなかったと思います。
普天間問題は、全てがウィンウィンの関係にならないのですから、強弱を付けるしかありません。
自民党政権の大切にした関係は1番がアメリカ、2番が日本、3番が沖縄の順でした。
鳩山政権では、自民党政権を踏襲せずに、国外、最低でも県外と言ったのではないでしょうか。
沖縄の負担軽減が最優先と、オバマ大統領にも言い、国民にも、閣僚にもいうべきだったと思います。

<激動期はボトムアップではなくトップダウンで>
鳩山首相は調整型の総理大臣を目指しているようですが、平成維新を成し遂げるという激動期には、調整型は利権の調整に時間が掛かりすぎ、馴染まないと思います。
既得権益が肥大化して、二進も三進も行かなくなったから、維新を行う意味があるので、血が出ることを避けて通ることはできません。
激動期には、大鉈を振る得るよう、トップダウン式を取り入れなければ、前へ進まないでしょう。
あらゆる選択肢から最後で決断するのではなく、自分の考えを前に出し、方向付けを行うべきだったと思います。
だから、岡田外相や北澤防衛相が官僚に洗脳され勝手に発言するのです。
今からでも遅くなく、普天間に限らず、全ての施策で、もっと自分を出して欲しいです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。