≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『偏西風にのって 普天間基地問題で政府を批判するしか能がないマスゴミ』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

日本は戦争をしないと憲法に書いています。
だから、自衛隊は戦争をしかけずに、攻められたときに日本を守るための軍隊です。
他国に行って戦争をしたり、先制攻撃をしたりできません。
しかし、日本国内には戦争をする、先制攻撃を仕掛ける軍隊がいます。
それは駐留米軍で、今も日本からイラクやアフガンに出かけていって戦争をしています。
特に、海兵隊は殴り込み部隊とも言われ、完全に防衛とは無関係の他国への攻撃用の軍隊です。
駐留米軍は日本の憲法と矛盾する存在です。
国内の米軍は、日本のなかのガンなのです。
日本が標的なのではなく、日本の中の米軍が標的なのです。
先制攻撃をしてくる米軍が脅威なのです。
ガンは抗ガン治療か、摘出するしかありません。
こういう大矛盾を気にならない、日本は不思議な国です。

非核三原則と、米国の傘の下も同じような自己矛盾です。
核兵器を持たないと言っておきながら、核の先制攻撃の権利を保持するというアメリカの核の傘に守られています。
日本が核攻撃された場合、アメリカが長距離ミサイルとか、核を搭載した艦船から、相手国を核攻撃するということで、日本は核攻撃されないというものです。
実際にアメリカが日本のため、核攻撃するかどうかは不明で、その時には様々な情勢があり、そうなってみなくては分からないというのが正しい答えのようです。
核なき世界を日本が表明し、世界平和をリードしたいならば、核の傘からは勇気を持って出るべきでしょう。
外交や経済・文化・スポーツなどの交流を通して、核の危機を回避していくことが求められると思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。