≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

日本人が日々暮らしていて幸せだと思う幸福感は10点満点で、6.5点という結果が内閣府から発表されました。
この調査はヨーロッパで行われた同様の調査を2009年度に実施したものです。

読売新聞 日本人の幸福感6・5点、欧州の平均下回る
 日本人が日々の生活でどれぐらい幸せを感じているかを点数で表してもらったところ、10点満点中、平均は6・5点だったと内閣府が27日発表した。
 2009年度の国民生活選好度調査で示されたもので、欧州を中心とする28か国で実施された同様の調査では最高だったデンマークの8・4点には遠く及ばず、英国7・4点、ドイツ7・2点、フランス7・1点と主要国に劣る結果となった。平均も6・9点と日本を上回り、内閣府は「欧州に比べ、日本の幸福感が低い」と分析している。
 政府は国内総生産(GDP)などの経済指標だけでは測れない「幸福度」を示す指標づくりを進めており、この調査のため3月中旬、4000人を対象に行われた。
 「とても幸せ」を10点、「とても不幸」を0点とし、「どの程度幸せか」を11段階で聞いたところ、平均は、男性が6・2点、女性は6・7点と女性の方が幸福感がやや高かった。
 幸福感に影響する要素(複数回答)としては、「健康状況」を挙げた人が69・7%と最多で、「家族関係」の66・4%、「家計の状況」の65・4%と続いた。
 国民の幸福感を高めるため政府が目指すべき主な目標(複数回答)は、「公平で安心できる年金制度の構築」が最も高い69・2%、「安心して子どもを産み育てることのできる社会の実現」が64・9%、「雇用や居住の安定を確保」が48・1%と続いた。「年金制度の構築」に関する満足度については、5点満点で聞いた満足度が2・01点と、全21項目の中で最低となり、国民が将来の年金受給に不安を抱いていることが改めて示された。
 大橋照枝・麗沢大教授は「欧州では、食料やエネルギーの自給率が日本より高く、将来を見据えた国家運営が行われており、国民の安心感につながっているのではないか」と分析している。
(2010年4月28日10時44分 読売新聞)


<日本人の幸福感は東欧並みに低い>
ヨーロッパでは28カ国が参加し、行われた結果は次の通りです。
1.デンマーク8.4、2.フィンランド8.0、2.ノルウエー8.0、4.スイス7.9、5.スウェーデン7.8・・・イギリス7.4・・ドイツ7.2・・・フランス7.1・・・(平均6.9)・・・20.スロバキア6.6、21.ラトビア6.4・・・27.ウクライナ5.3、28.ブルガリア5.2
上位は北欧諸国、次いで欧州の先進国、下位は東欧諸国となっています。
日本は欧州諸国の平均より低く、東欧並みという散々の結果です。
GDPは中国に抜かれそうになっているとはいえ、世界第2位の経済大国がこの様です。
世の中の方向が間違ってしまったことは明らかです。

<福祉の充実が幸福感に貢献>
詳しい内容を見ると、年金に対する不安が最も高かったところを見ると、将来不安が幸福感を損ねていると思われます。
日本より幸福感の高い欧州の先進国では、年金制度や子育て支援などが整っていて、安心して暮らせることが幸福感に結びついているのがよく分かります。
特に、デンマークやフィンランドなどの北欧諸国は、弱者や落ちこぼれにならない施策がとられ、英、仏、独などよりも、一層の福祉施策が充実していてところが評価が高いように思います。

<社会保障をおざなりにした自民党・官僚政治の結果>
日本は何を目指してきたのか、ただ豊かさだけを目指してきた結果なのか、非常に寂しい、惨めな結果です。
人は物やお金の豊かさでは計れない、幸福感を求めてきたのではないでしょうか。
日本の仕組み、政治が目指してきた国のあり方が間違っていたのだろうと思います。
日本では年金等が不十分なため、貯金をいっぱいします。
多くのことが自己責任に任され、窮すれば鈍する、何かあれば落ちていきます。
競争に負ければ、立ち上がれません。
いまでは少子高齢化が進み、将来の閉塞感でいっぱいです。
非常に優しくない社会です。
この結果の責任は、戦後の殆どの期間、日本の政治を動かしてきた、自民党と官僚達にあると言えます。

<目指せ欧州・北欧型の国>
小泉政権は新自由主義、政府はできる限り小さくし、できる限りお金は競争に任せ、そうすれば豊かになると言いました。
結果はご存じの通り、貧富の差は広がり、子どもの貧困など、先進国ではアメリカ同様、格差社会となりました。
新自由主義は一部に勝ち組を作るものの、大半が負け組になる構造です。
全体として見れば、幸福感を著しく削いだことは明らかです。
幸福感と同様、学力、経済競争力ともに、北欧諸国が世界のトップを占めています。
子どもや老人を中心に社会保障を充実させ、落ちこぼれには絶対にならない、ホームレスにはならないという安心感を与えた方が、幸福感も競争力もつくのです。
落ちぼれや敗者への不安を煽る方が競争力があるというのは明らかに間違いです。
富の再配分をして、将来不安や個人の能力を高めることに費やす、資本主義を社会主義で補正する欧州・北欧型の国を日本は目指すべきと思います。

<欧州型政治は民主党や社民党などが主体で>
それは、自民党や自民党から出たみんなの党、たちあがれ日本、新党改革など、新自由主義政党やバラマキ保守政党ではなく、民主党や社民党などが担えるものと思います。
公務員改革と言って、過程が似ていて紛らわしい新自由主義政党のみんなの党に騙されてはいけません。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。