≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『偏西風にのって 鳩山政権 普天間問題でかなりヤバい領域に突入したみたい』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

琉球新報 県内、徳之島移設案を伝える 普天間で鳩山首相
2010年5月4日
 来県した鳩山由紀夫首相は4日午前11時すぎ、米軍普天間飛行場の返還・移設問題をめぐり、県庁で仲井真弘多知事と会談した。移設先をめぐり、鳩山首相は「すべてを県外でということは現実問題としては難しい。できれば、沖縄の皆さま方にご負担をお願いしなければならない」と述べ、全面的な県外移設を断念する意向を伝え、県内移設への理解を求めた。国外移設については「海外という話もなかったわけではないが、日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時、抑止力という観点から難しく、現実には不可能だ」と明言した。移設先選定をめぐる迷走を念頭に、首相は「沖縄の人々におわびしたい」と陳謝した。  一方、高嶺善伸県議会議長との会談で、首相は「沖縄にも徳之島にも率直に普天間の基地移設の協力を願えないかとの思いで来た」「埋め立ては極力避けるべきだという議論が政府の中でも出ている」と語った。
 首相は、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、沖合の浅瀬にくい打ち桟橋(QIP)方式で代替基地を建設する案と鹿児島県徳之島への一部機能や訓練の移設を検討していることを明らかにした形だ。
 仲井真知事は先月25日に開かれた同飛行場の県外、国外移設を政府に求める県民大会に触れ、「県外移設実現を期待する県民の声が高まっている、県民の声を真しに受け止め、危険性除去に取り組んでほしい」「(最低でも県外との)公約に沿った満足、納得いく解決策を示してもらいたい」と述べ、県外移設を追及すべきだと伝えた。知事は「過重な基地負担の軽減は県民の願いだ」と、米軍訓練水域の返還なども求めた。
 首相は午前9時すぎに自衛隊機で那覇空港に到着した。糸満市の国立沖縄戦没者墓苑を参拝した後、県庁に到着。仲井真知事と会談し、県外への全面移設を事実上断念したことを伝えた。
 午後には宜野湾市内のホテルで県内の基地所在市町村長と意見交換し、基地の過重負担について声を聞いた後、普天間第二小学校で普天間飛行場を視察した。市民との対話集会にも臨んだ。【琉球新報電子版】


<マスコミやアメリカの戦略に乗る愚かさ>
私は愚かな総理かも知れないといったそうですが、まさにそのとおりになってきました。
普天間移設に7年で完了がその後7年も経過し、14年かかっても辺野古沖案の最終合意に至っていないいないものが、首相の言う僅か半年でアメリカと地元の双方の合意という決着ができないのは誰もが分かることです。
特に政府案を地元に下ろすというトップダウン方式では、地元合意は絶対に無理なことは明らかです。
普天間を、沖縄をどうにかしたいという気持ちは分かりますが、不可能なことが解っているのに約束して、自らの頸を絞め、アメリカとの交渉を不利にするという本当に愚かな総理と言えます。
マスコミやアメリカの早期決着の戦略に乗って、ひとりで政治決着しようとしたことも、愚かだったように思います。

<官僚に屈する必死の欠如>
政権交代前は海兵隊は抑止力にならないと考えていたが、首相になり、より深く勉強すると、海兵隊は抑止力として欠かせないという結論になったと鳩山首相は話していました。
駐留無き安保という理想論を書いているように、政権交代以前に深く考えていなかったということはあり得ないと思います。
ただ、官僚の抵抗、アメリカの圧力がこれほどまでだったとは思わなかったのだろうと思います。
自分の勉強不足という、責任を一手に引き受ける自虐的な理由を聞くと、情けなくなります。
より深く勉強するということばから、外務省や防衛省の官僚からレクチャーを受けたのだなと想像できます。
外務省の岡田大臣が侵され、防衛省の北澤大臣が侵され、最後には首相までもが官僚の伝統的な日米属国関係の考えに洗脳されました。
自公政権を主導した高級官僚をブレーンに使うから、方向転換できず、元の道に戻り、道を誤るのです。
自公政権時の官僚幹部を更迭し、入れ替えるべきでした。

産経新聞 日米関係の深刻さにやっと気づいた?首相、外交ブレーン交代を模索
2009.12.22 21:30
 東アジア重視の姿勢を強調する一方、「今まで米国に依存しすぎていた」としていた鳩山由紀夫首相が、米国に気を使い始めている。米軍普天間飛行場の移設先送りなど「鳩山政権の一連の対米挑発行為」(政府高官)が招いた米側の怒りに気づき、ようやく対米関係の重要性を認識し始めたようだ。最近では、自身の外交ブレーンについても米国に批判的な寺島実郎・日本総合研究所会長から知米派の外交評論家、岡本行夫氏への乗り換えを模索している。
 首相は22日、普天間問題でクリントン米国務長官が藤崎一郎駐米大使を呼び、日米合意に基づく現行計画の早期履行を求めたことについて「米国の姿勢を日本政府としても理解する必要がある」と述べた。
 コペンハーゲンでのクリントン米国務長官との会話について、首相は19日には、移設先変更を検討するための結論先送りを米側も理解したとしていたのに対し、22日には発言を修正した。クリントン氏による大使呼び出しという異例の事態に、慌てたものとみられる。
 首相は就任以来、周囲に「普天間の件は心配していない」と漏らし、首相周辺も「普天間は日米関係のほんの一部」と楽観的だったが、認識を改めざるをえなくなったようだ。
 今回、藤崎氏は国務省に入る際の映像をメディアに撮らせ、クリントン氏との会談後には記者団の取材に応じて「重く受け止める」と述べた。この意味について外交筋はこう解説する。
 「藤崎さんは慎重な性格で、ふだんはぶらさがり取材に応じないが、今回は国務省に行くのもあらかじめメディアに知らせておいたのだろう。首相らに現実を理解してほしかったということだ」
 首相の言動も微妙に変化してきた。21日には、首相官邸を訪ねた日本と中国の有識者でつくる「新日中友好21世紀委員会」の日本側メンバーに、「(提言をまとめる際には)日米中3国の関係にしっかり目配りしてほしい」と要請した。
 寺島氏は12月初め、「鳩山首相への誤解を解く」という趣旨でワシントンを訪れたが、米政府の現職当局者らは面会を拒否した。実は、日本政府内にも寺島氏の反米傾向や同盟軽視論を危ぶむ意見があり、「駐日米大使館のズムワルト首席公使を通じ、米側に寺島氏とは会わないよう働きかけた」という関係者もいた。
 首相も遅まきながら寺島氏一辺倒では判断を誤ると考えたのか、目をつけたのがかつて首相が批判してきた橋本、小泉両内閣で首相補佐官を務めた岡本氏だった。岡本氏は今月中旬に訪米し、民主党、共和党を問わず幅広い関係者と日米関係を語り合っている。
 首相は11日、北沢俊美防衛相の紹介で官邸で岡本氏と会い、昼食をともにした。21日には再び官邸に岡本氏を招き、外交面での協力を要請した。首相周辺には岡本氏を首相補佐官とするアイデアもあったが、岡本氏はあくまで「個人的な立場」で協力することになったという。


<ブレーンを寺島氏から岡本氏の選択は最大のミス>
政治主導が軌道に乗るまで、民間のブレーンはいないのでしょうか。
鳩山首相は寺島実郎氏を相談役にしていたそうですが、去年の12月頃、岡本行夫氏に変わったと言う話があります。
道理で、その頃から、鳩山首相の言葉が変わってきました。
岡本氏は元外務官僚で、小泉内閣の補佐官であり、外交顧問です。
岡本氏はアメリカのポチ外交の手先となった人物、絶対選んではいけない人物を何故、相談役に選んだのか、不思議で堪りません。

国外移設は、日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時、抑止力という観点から難しいと言いましたが、そこのところを国会で議論すべき事で、国民も考えるべきことで、首相が独断で決定すべき事ではありません。

<抑止力の低下は国民の総意>
沖縄の人の方が思慮深いです。
5月に結論を出すのではなく、もっと時間を掛けて、日米安保や抑止力、平和憲法との関係など掘り下げて、国民全体で考えるべきと彼らが言っています。
国内に候補地がなければ、国外しかありません。
海兵隊12000人のうち2/3の8000人がグアムに行って良いことになっていて、残り1/3の4000人もグアムやテニアンに移ったとすれば、海兵隊に抑止力が例えあったとしても、抑止力の低下は著しく下がるものではないでしょう。
抑止力が仮にあったとしても、国民が基地を受け付けなければ、普天間の部分が減っても仕方がないのではないかと思います。
それが国民の意思なのだから。
核を含めた爆弾を搭載したミサイル攻撃や空軍による制空権の制圧などに抑止力はあると思いますが、殴り込み部隊と言われる海兵隊に本質的な抑止力があるとは思えません。
但し、抑止力は憲法の戦争放棄と矛盾します。

<無理やり5月決着させない>
恐らく、何も決まらず、5月決着という約束が守れなくて、立ち往生してしまうでしょう。
政治と金の問題がずっと尾を引いて常に靄が掛かり、潮時を探していたので、参院選も控え、これを期に辞任することになるでしょう。
引き際に、後任のために辺野古徳之島案でアメリカと政治決着しないで欲しいですね。
それほどの馬鹿ではないと思いますが。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。