≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 江川昭子氏の意見を遮る辛抱、鳩山首相がコケた時の日本』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

<鳩山首相の体たらくは国民の体たらく、政治無関心の漬け>
勉強すればするほど、海兵隊は抑止力として必要という鳩山首相の発言を聞くと、アメリカの脅威に怖じ気づいたように思います。
前言を180度翻す鳩山首相は本当に情けないです。
しかし、情けない首相を我々は総選挙で選んだのです。
その不甲斐なさは即、日本国民とイコールなのです。
日本国民が政治に無関心で、政治家を作ってこなかったから、民主党は元より、20年も前に賞味期限が切れた自民党は尚更のこと、当然その自民党から派生したタケノコ新党にも、まともな政治家はいません。
国民に政治家を育ててこなかった漬けが回ってきているのです。
政治に関心を持って、政治に参加して、まともな政治を育てるしかないのです。
政権の座にあった政党に資格はなく、野党だった民主党などを育てるしかないと思います。
マスコミを信じて政治不信になるのは最悪で、まともな政治は、更に遠のきます。

鳩山首相をマスコミは批判し、それに踊らされるように、国民も批判します。
何度も言うように、鳩山首相が日本国民の程度なのです。
鳩山首相の個人の所為にして、個人攻撃しても、普天間問題は一切解決しません。
江川さんの言うように、鳩山さんの個人問題に矮小化しても、気晴らしにはなるかも知れませんが、事態は変わりません。
鳩山政権の体たらくは、それを選んだ国民の体たらく、天にツバするのと同じことです。

<テレビはシナリオのある世論誘導>
先日も朝ズバのみのもんたが辺野古の代わりに大きなごく船を基地にし移動したらよいとか、これまでと違ったことを言い出したとき、局アナが遮り、話題を変えました。
田原総一朗がシナリオ以外の流れになると、強引に遮っていたのを思い出します。
マスコミは事実を伝えるのではなく、マスコミの主張を伝えるものなのです。
だから、前もってシナリオを描き、シナリオに異なる意見が出てきたら、慌てて排除するのです。
或いは公平を装うって、少数の反対意見を少数の時間だけ与えて、さもそれが少数意見であって、国民の意見ではないのだという演出をします。
マスコミに、真実はありません。

昨日の読売新聞系の何とか委員会で、代表と幹事長が出て、民主党の原口大臣を多勢に無勢で叩きまくり、みんなの党のキャンペーン、民主党のネガティブキャンペーンをやっていました。
辛抱氏は、官僚の年寄りを増やして新人の採用を減らすと、公平な司会役のはずが、まるでコメンテーターのように、ゲストの原口大臣に猛反発していました。
あの尋常でない様子から、大阪からみんなの党で参院選に出るのかなと思いました。
しかし、、みんなの党の渡辺代表は口から生まれたような人間です。
よくもまあ、都合の良い一面だけをつまみ食いして、それがさも全体の如く、強調して言って、相手を攻撃する巧妙なやり方だなあと思いました。
あれでは、知識のない人は真実と思い、騙されると思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。