≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 横粂センセー気は確かですか?』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

朝日新聞 小沢チルドレンが反乱? 横粂議員、「小鳩」を場外批判
2010年5月12日22時26分
 民主党の横粂勝仁衆院議員が11日、記者団に鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長を批判した。横粂氏は昨年初当選した小沢チルドレンの一人。党所属衆院議員が出席する代議士会で鳩山、小沢両氏の「ツートップ」の辞任を要求する予定だったが、代議士会では沈黙。場外での批判になった。
 横粂氏は代議士会後、国会内で記者団に「政権交代に託していただいた国民の思いに応えられない態勢だ」と批判。首相と小沢氏について「お二人を取り巻く環境について厳しいご意見、ご批判をいただいている。そこを抜きにして民主党は変われない」などと語った。
 横粂氏は最近、地元の街頭演説やテレビ番組で首相らの批判を繰り返し、この日の発言が注目されていた。代議士会で発言しなかったことを記者団から問われると「諸先輩方から様々なアドバイスはあったが、圧力はない」と強調。そのうえで「これは国民の声。大きな流れになることを期待する」と語った


選挙区でライバルの小泉ジュニアに負けたくないため、目立とうとするの分かりますが、方法が良くありません。
政局で目立つのではなく、政策で目だって欲しいです。

民主党の名のお陰で比例区で復活当選したものが、党執行部を批判するのはどうかと思います。
党内部で批判するならまだしも、党の外で吠えるのは、生方氏と同じ、マスコミや野党の利する行為で、頂けません。
言いたいことがあるのなら、議員総会で堂々と意見を言えばよいのですが、先輩議員のおしかりを受け、黙ってしまったのは意気地がないですね。
あとで、記者に言うとは、全く正々堂々としていません。

推定無罪であるはずの小沢幹事長のクロ扱いも弁護士として失格です。
マスコミ・大衆に呑み込まれる議員ですね。
東大出の弁護士で期待したのですが、軽薄ですね。

横粂議員は総理に鳩山首相を選び、鳩山首相は小沢幹事長を指名しました。
鳩山、小沢の2トップの辞任を求めていますが、自らが選んだ責任をどう考えているのでしょう。
自分の行動を棚に上げ、愚民と一体となって、辞任運動するのは、軽薄そのものです。

彼のwikiを見ると、東大卒業した年に、司法試験に合格し、2年後、弁護士事務所に入り、次の年は民主党候補に決定したので事務所を辞め、独立、次の年に、総選挙で小泉ジュニアに敗れ、比例で復活当選しました。
弁護士経験は2年ですが、2年目は恐らく選挙の事前活動に忙しかったことが想定されるので、弁護士経験は乏しかったと思われます。
事務所に入って間もなく、郷里の愛知県で、自民党からの出馬を模索していたと言いますから、弁護士に身が入っていたかは大いに疑問です。
驚きは自民党への公募で、政治家になりたいという強烈な意志が感じられますが、一方自民党でも民主党でもよいという全く政治的信念のない、単なる苦労人の成り上がり指向の人でした。
買いかぶり過ぎでした。
国民生活が第一の民主党には向かない人ではないかと思います。
残念ながら、外見の線の細さは、内面からも滲み出たものでした。

このまま、民主党でやっていくなら、苦学したことを良い経験として、貧しい階層の人達のことを思い図って、成り上がるのではなく身を捨てる覚悟で、政治に取り組んで欲しいと思います。
スポンサーサイト


ヨコクメくんは法曹界でお仕事した経験はあるのかな?
どんな仕事ぶりだったのかな?
試験マニア的体質で上昇志向ばかり強い今時の人?
線が細いのも気になりますね。
苦労人で現実をしっかり見据えた将来の総理大臣候補?
と期待もしていただけに残念です。
テレビが持ち上げる人にはろくな人がいませんね。
ヒラノ官房長官も、鳩山首相の懐刀とテレビは紹介していましたが、その実態は既得権益連合軍とも通じている官房機密費が懐が棚の人でしたね。(笑)
毎月6000万円、きっちりお使いのようです。
scotti さん、コメントありがとうございます。
横粂議員の経歴を見ますと、弁護士経験は2年程度で、1年は候補に決定していたので、実質的には1年ばかりで経験は乏しいように思います。
弁護士は政治家になるための飾りでしか無いようです。
自民党から公募に応募したことがあるとwikiに書いています。
単なる貧乏人の成り上がり志向だけで、国民のことも眼中には無さそうですね。
期待したこちらが馬鹿でしたね。
小泉ジュニアに負けたのは、その辺が膚感覚として見破られたのかも知れません。

今頃ばたばたしている平野官房長官は箸にも棒にも掛かりません。
信念も無ければ何もなく、世渡り上手でしかありません。
労働組合関係の人はこんな日和見の人ばかりですね。
欧州では労働組合は大衆運動として機能しているのに、日本では単なる利益団体に過ぎません。
労働者全体の利益を考えない、社会性のない人達ばかりだから、国民からそっぽを向かれる。
自民党か切り込まれるのです。
今の労組幹部では、まともな政治家は生まれないでしょうね。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。