≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『偏西風にのって 「命を大事にしたい」?「アメリカを大事にしたい」に変えろよ ポッポ首相』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

共同通信 首相、辺野古移設を初表明 極めて厳しいと知事
 鳩山首相は23日、沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場移設先について、現行計画とほぼ同じキャンプ・シュワブ沿岸部のある名護市の辺野古崎とする方針を県側に初めて表明した。仲井真知事は「極めて厳しい」との認識を強調し、稲嶺名護市長は「断固反対」と拒否した。日米両政府は28日に合意文書を発表する方向だが、沖縄県側で反発が強まるのは確実だ。
 知事との会談では「辺野古付近にお願いせざるを得ないとの結論に至った」と明言。「断腸の思いで下した結論。県外の言葉を守れず心からおわびする」と述べた。
 辺野古とした理由については、朝鮮半島情勢などを踏まえ「現時点で海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を低下させない」と説明。沖縄県の負担軽減に向け訓練の一部移転受け入れを27日の全国知事会で求めるほか、(1)沖縄本島東の米軍訓練水域の一部返還(2)日米共同訓練や米軍の単独訓練の県外移転拡大―など仲井真知事が4日の会談で首相に求めた負担軽減に取り組む姿勢を示した。
 これに対し知事は「県外、国外という県民の熱い思いとの落差が大きい。時間をかけて説明と納得いく解決策を出してもらうしかない」と述べた。


鳩山首相は激動期の総理には向かないと思ってきましたが、現実的になりました。
こういう調整型の首相は、平和なときに向いています。
小泉政権のとき抵抗勢力と言っていましたが、平成維新を行う政権は、そんな生やさしい抵抗ではなく、生きるか死ぬかが掛かっているほど凄まじいものだと思います。
八方が上手く収まる友愛なんて、そんな綺麗事では絶対済みません。
既得権益を奪うのですから、血も涙もいっぱい出てきます。
それを推し進めるのは小泉元首相のような非情さではなく、河村名古屋市長のように、政治を国民のものにするためにという確固たる揺るがない信念をリーダーが持っていなければならないと思います。

鳩山政権では、自民党政権より遙かにマシですが、このままでは極めて中途半端な結果に収まりそうです。
長年変えられなかったことが山積みなので、最初としてはやむなしの意見もありますが、この程度ではマスコミのネガティブキャンペーンに打ち負かされ、維新を成し遂げられなくなる可能性があります。
もっと、強引に進めても、抵抗の強さから言って、それでもやっとという程度です。
舵を切ったことを評価しますが、官僚達など既得権益者にも気を使って、舵の角度は不十分で、もっと大胆に切るべきです。

普天間基地移転問題は自民党案の辺野古沖埋立より、訓練機能を国内に分散しようとしている程度の差しかありません。
鳩山首相は最低でも県外と言っていましたが、今はできる限り県外となり、できる限りの成果が訓練機能の一部を内地に移転する努力をしているという些細なものに過ぎません。
沖縄の民意は基地を新たに作らず内地並みにもっと減らせということです。
内地の民意も総論賛成で各論反対、自分の近くに米軍基地は要らないというものです。
日本の民意は移転先は国外です。
それなのに、アメリカの同意を先に取り付けるなんて最低です。
アメリカと先に交渉すれば、アメリカに有利になるばかりです。
アメリカも地元の合意が優先と行っているのに。
その言葉を逆に利用して、時間を掛けて国民全体で議論して、結論を出せばよいのです。
日本の民意が決定して、自民党政権とは異なったため、再編計画の見直しは当然で、アメリカの予算が遅れるのも当然です。
恐らく日本の民意は、米軍基地は受け入れないとなり、移転先は海外となり、これを基準にアメリカと交渉すればよいのです。
アメリカも基地の地元の反対運動が一番頭が痛いことで、このまま無視して普天間をそのまま放置することは絶対にできません。
外交交渉は国民益を最大限にするため、要求を高くするのが常套手段であり、それが対等の関係です。
沖縄など、地元を無視して、頭越しにアメリカと決着を着けるのは、民主主義政党としては絶対やってはならないやり方です。
5月末決着もそうですが、アメリカとの合意優先、自分で自分の頸を絞める、本当に馬鹿がつくほどの愚直な人です。

国内問題ではなく、米軍基地再編という日米関係の問題で、アメリカによって辞めさせられたというのはしゃくですが、此処まで来れば首相退任は致し方ないです。
鳩山首相は交代すべきと思います。
引っ張るタイプの政治家は小沢幹事長か管副総理で、小沢氏には政治と金の問題もあり、残るは菅さんで、あと3年間、市民目線の菅さんが頑張るしかないと思います。
しかし、政権自体が官僚に屈服している現在、よっぽど心を入れ替えないと、前途多難が予想されます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。