≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

口蹄疫について、政府の方針がでました。
宮崎県の口蹄疫が発生している10キロメートル内の全ての牛と豚をワクチンを接種して殺処分をし、10キロから20キロメートル以内の牛と豚は国が買い上げると言うものです。
勿論、口蹄疫に罹っている牛や豚は殺処分です。
ワクチンを打つのは、助けるのではなく、免疫を作り、感染しないようにして、感染が拡大しないようにするためです。
20キロ圏内の牛と豚を無くしてしまい、口蹄疫の感染を押さえ込もうとするもので、まさに究極の荒療治と言えます。

西日本新聞 危機・畜産=口蹄疫 10キロ圏全頭処分へ ワクチン接種後に 農水省 午後発表 新たに20万頭
(2010年5月19日掲載)
 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の感染が拡大している問題で、政府は19日、移動制限区域内(半径10キロ)のすべての牛と豚にワクチン接種を行い、感染拡大を抑止した上で殺処分する方針を固めた。政府は同日午後に対策本部を開き、その後、赤松広隆農相が発表する。さらに、その外側の搬出制限区域内(同10―20キロ)でも、食肉処理をしてすべて国が買い上げる対策案を検討。いずれも対象は同県川南町を中心とする4町周辺の発生地域で、感染数が比較的少ない同県えびの市周辺は当面、含まれない。国内で口蹄疫ワクチンが使用されるのは初めて。
 鳩山由紀夫首相は19日午前、公邸前で記者団に対し「大事なことは感染を拡大させないための迅速な措置を強力にとることだ」と強調。赤松農相も同日午前、記者団に「ここまで広がった以上は、そこまでやるかというところまで踏み込んでやりたい」と述べた。  
 国と県はこれまで、家畜伝染病予防法に基づき、移動制限区域内で家畜の移動を禁じる措置をとってきたが、ウイルスの感染力が強く、感染した家畜などの殺処分も追いつかず被害が拡大。まん延防止策を強化するため、健康な牛や豚も含めた区域内の全頭処分が必要と判断した。新たな殺処分対象となる家畜は牛が約5万頭、豚が約15万頭の計約20万頭に上る見込み。農家に対しては何らかの形で、経済損失補償を行う。  
 ただ、すべてを処分するには10日以上かかることから、あらかじめ全家畜にワクチンを打ってウイルス放出を抑制。埋却処分用地や獣医師の動員などめどが立ち次第、順次、殺処分を進める。  
 宮崎県では19日午前までに、1市4町の131カ所で、計11万8164頭が殺処分対象となっているが、埋却処分用地の不足などで、処分は半数程度にとどまっている。  
 一方、搬出制限区域内で検討しているのは、全頭を通常の枠組みで食肉処理し、政府が損失に見合う額で食肉として買い上げる案。ただ、政府内では、買い取りの評価額によっては、財政支出が大幅に膨らむことが懸念されている。

口蹄疫とワクチン
 農林水産省は国内外に70万回接種分の口蹄疫ワクチンを確保している。発症を抑える効果はあるが、実際はワクチンの効果で感染を完全に防ぐことは難しい。抗体検査でウイルス感染とワクチン接種との抗体を区別することが難しく、感染源が分かりにくくなる問題もある。このため、国内での使用例はなく、北米や欧州でもほとんど使われていない。ワクチン接種後は家畜の体内に残留するため、半年間は出荷できない。出荷する場合も、国の食品安全委員会に安全性の評価を受ける手続きが必要。


このやり方を人間の世界で例えると、新型インフルエンザが発生し、発症したものは片っ端から安楽死させ、発症した家庭や学校の生徒達をタミフルを処方した後て、パンデミック感染とならないよう皆殺しにすると言う、言語道断、極悪非道なものです。
いずれ食肉にするために殺してしまう家畜とは言え、あまりにむごい人間の傲慢なやり方です。
食肉のための家畜は、人間が命を頂いてこそ、その動物の命への感謝に値すると思います。
世界に広まった『勿体ない』精神こそ、殺される動物に対して、許されるのだと思います。

口蹄疫は偶蹄類が罹る、口やひずめに水疱が出来る、ウイルスによる感染症です。
幼獣の致死率は50%以下と高いものの、成獣の致死率は数%以下と低く、当の牛や豚にとっては、人が恐れているほどの怖い病気ではありません。
ウイルスの予防はワクチンしか無く、口蹄疫でもワクチンがあり、ワクチンを接種すれば、感染しても発症しない、重症化しないようになっていることと思います。
口蹄疫は体液、分泌物、糞便の接触だけでなく、塵による空気感染もあり、僅か10粒子で牛が感染するという強力なもので、家畜の伝染病の中で最も伝搬性が高いと言われています。
だから、口蹄疫により、乳収量や産肉量が減少するだけでなく、口蹄疫が疑われるだけで肉の価格が下がるなど、畜産業に対しては大きな打撃となるため、忌み嫌うことになります。
国際獣疫事務局では口蹄疫に汚染されていない国を口蹄疫清浄国と認定し公表します。
清浄国は日本を含めて欧米の40カ国程度に過ぎません。
だから、皆殺しの防疫対策を採用します。
ワクチンを使用すると、陽性の反応が出て、感染拡大の区別が付けられないため、口蹄疫ウイルスのある国となってしまいました。
だから、口蹄疫清浄国では、これまでワクチンを使用しませんでした。

口蹄疫が人間に感染するかというと、濃厚接触をすると感染するそうですが、軽症だそうです。
口蹄疫に感染した牛や豚の肉は食べるとどうなるかというと、テレビで宣伝しているように、全く問題ないと言っています。
食べてもどうもないなら、口蹄疫が存在しても良いのではないかと思うのが、妥当な考え方だと思います。
人間がインフルエンザに罹るように、口蹄疫のワクチンを打っておけば、免疫が出来て口蹄疫に罹ることは著しく少なくなり、感染が広がることもなくなります。
それで、食べるのに問題ないなら、ワクチン接種の牛・豚を食べても良いのではないかと思います。

口蹄疫に罹るのは牛・豚だけではありません。
偶蹄目、つまり蹄が偶数在る哺乳類は全て感染するのです。
ウマなどの奇蹄目を除く、ウシ、ブタ、イノシシ、ヤギ、ヒツジ、シカ、カモシカ、カバ、ラクダ、キリン、ゾウなど有蹄動物の殆どが罹るのです。
家畜だけでなく、野生動物もです。
わらに付着の状態で夏では4週間、冬では9週間ウイルスは生存し、偶蹄目だけでなく、他の家畜や人にも付着して、運ばれるし、塵にくっついて空気感染もします。
口蹄疫は治療が出来ないウイルスによっていて、罹る動物の種類も数も多く、伝搬性が強力で、非常に厄介な代物です。

ある国で入らないよう完璧な防疫体制を敷いて口蹄疫清浄国となっても、ある国では、ワクチンを使って口蹄疫を防御している国もあり、むしろ後者の口蹄疫清浄国でない国の方が遙かに多いのです。
ワクチン接種国で口蹄疫ウイルスは生き続けていて、野生の中では口蹄疫は制御不可能ですし、ウイルスを撲滅することは土台無理な話なのです。
今回の宮崎では、チーズのために飼育されていた水牛が感染しましたが、典型的な口蹄疫の症状でなかったため、見逃され、3週間後に他の牛で口蹄疫が確認されて水牛を改めて検査して発覚したように、初期感染を確実に把握するのも容易ではありません。
さらに、現代はグローバル時代、家畜そのものだけでなく、人や物が頻繁に世界中を行き交い、口蹄疫清浄国にそうでない国から牛や豚を入れないとしても、人や物は入ってくるのであり、国境を接していれば風でも入ってくるであり、ウイルスを遮断することは絶対に不可能なのです。
さらにグローバル化が進むと、口蹄疫は清浄国でもどこかで常に流行る可能性に満ちてくるものと予想され、口蹄疫清浄国を維持し続けることは益々困難になってくるのではないかと思います。

それなら、いっそのこと、ワクチンでもって口蹄疫の発症を抑えれば、畜産業に与える打撃は極めて小さくなり、陽性の肉を食べても問題はないし、限られた食糧資源を無駄に薬殺することもありません。
口蹄疫清浄国というようなオールオアナッシングの制度を改め、ワクチン接種で家畜資源を有効に活用する方が良いのではないかと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。