FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 社民党、連立から離脱、結末はこれか?』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

国民新党の郵政民営化見直し法案が素早く通りそうです。
しかし、社民党の普天間県外国外移設は受け入れられませんでした。
問題の種類は違いますが、同じ1丁目1番地の政策なのに、扱いの違いは大きいですね。
ただ、民主党の政権に付く前には、社民党と同じような主張だったと思いますが。

社民党は元々弱小政党であり、閣外へ出て、発信力も元に戻るだけです。
出ると居残るで割れることはなかったので、消滅することはないでしょう。
むしろ、信義を通したことで、支持率は高まると思います。
自社さ政権の反省が役立ち、轍を踏まなかったと言えます。
民意があっての政治ということを気付かせたと言うことは大きいと思います。

社民党は政権内で法案も検討していたことですし、鳩山首相には?ですが、郵政法案には賛成したし、民主党連立政権に付いては是々非々で、閣外協力していくと思います。
他の野党と一緒になって、何でも反対はないと思います。
是々非々の方が、懸案事項が合意できなければ、この方が本来のあり方かなと思います。

民主党は、官僚の壁、マスコミの壁、アメリカの壁がことさら大きかったことに気付いていると思います。
その大きな壁を乗り越える戦略が出来ていなかったと思います。
これまでのような通り一遍のやり方では歯が立たず、鳩山首相は今頃ようやく必死になっていますが、その覚悟が最初からあればと思います。
理念の強さが覚悟となって表れるのが常ですが、鳩山首相はお坊ちゃんの所為か、理念がそれほど強力ではなかったように思います。
壁を乗り越えるハシゴは国民からの応援だったと思います。
国民を味方に付ける戦略がなっていなかったと思います。
広報に力を入れ、国民に政治に参加をさせることだったと思います。

いずれにしても、鳩山首相、鳩山政権が、日本の政治力、国民の政治力だと思います。
それほど、国民の政治に対する関心の無さの表れだと思います。
スポンサーサイト





今晩は。
仰るように、社民党は政権離脱して正解だと思いますよ。これから法案に是々非々に対応すれば良いんでしょう。それに、辻元議員はすっかり官僚に籠絡されているようでしたし(笑)。ただ、あまり福島さんがテレビに出て「私を罷免したこと・・云々」はもう止めたほうがいいですね。単なる恨み節になってしまいそうです。
民主党は選挙で連合・労組頼みから脱却して本当の意味で「労働者・国民」の為の政治家を作っていかないと、「大企業正社員男性」の為だけの政権になってしまいそうですね。
鳩山さんが今辞めなくても、選挙結果でもう一度政局になることは間違いないのでしょうから。
somethingさん、コメントありがとうございます。
社民党は、自民党政権時代のような、何でも反対の野党にはならないだろうと思います。
今後は、普天間など一部の問題を除いては、閣外協力できるのだから、法案に社民党への配慮を求めれば、閣内にいたのとそれほど変わらないと思います。
選挙協力も、民主党が得をするのだから、社民党候補へ選挙協力して貰えばよいと思います。
連合の態度が気に入りませんね。
民主党候補だけを支援するのではなく、労働者を支援する政党を全て応援すべきと思います。
そんな了見の狭いことで、日本の弱者は救えません。
連合も、労組のある大企業正社員だけの利益確保を目指すことは辞め、中小企業労働者・非正規労働やも含め、広く労働者をサポートする組織に変わらないと、国民の支持と理解は得られないと思います。
労働貴族と言われないよう、自らが格差社会を打破すべきです。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。