FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『偏西風にのって 鳩山首相辞任』に書き込んだコメントを記事にし、エントリーします。

政治と金がずっとついて回る政治運営は厳しいので、参院選間際で、2トップの辞任というのは、二人の政治と金で嵌められたときから、それしかないかなと思っていました。
小沢幹事長、鳩山首相、両者ともに民主党の代表になった途端に、政治と金を問題にし始めました。
トップになる前に問題であり、トップになる前に政治と金を明らかに出来るはずなのに、政権交代が間近の、直後に行われたと言うことは、政権交代を阻止するために行われたと言えるでしょう。
両者とも法律上は無実なのに、検察官僚とマスコミにより、イメージ宣伝が行われました。
あれだけマスコミにやられ国民にマイナスイメージを植え付けられれば、言いがかりを晴らすことは極めて困難でした。
起死回生をするならば、2トップの交代しかなかったというのは見えていました。
劣勢のまま参院選に突入し、勢力が減衰したあとに、交代しても大変です。
変えるならば、参院選前に斬新な人事で対応する方が、変えずに選挙に向かうより、遙かに劣勢を挽回することが出来ますし、新体制での船出もよりマシなことになるでしょう。
選挙まで時間を掛ければ間延びし、野党の反撃も受けやすいので、参院選直前に行うことが最も効果的でした。
やはり、そうなりました。

今日の鳩山首相の演説は原稿無しで、真情を吐露していて、凄く良かったです。
こんな良い演説が出来るなら、八方美人のぶら下がり取材を辞めて、当初から国民に語りかければ良かったと思います。
部下に任せきりで、金色のネクタイなどと格好を付けるのではなく、当初から自分が前に出て、自分を出して、死にものぐるいでやれば良かったのにと思います。
全てが遅すぎです。

腹案は官僚に漏らされてしまった徳之島であり、首相は策士ではなく、ストレートに真面目で正直な人だと感じました。
こういう温厚な人は、平和なときにはいけるかも知れませんが、この激動期の総理には向きませんでした。
首相が夢を語って、腹心の部下が夢を現実にしていくというやり方もありです。
しかし、岡田大臣、北澤大臣が鳩山首相の言うことを聞かず、官僚に取り込まれ、国外・県外移設の実現にそっぽを向いていたから、無理でした。
部下が悪すぎました。

演説の中で、日米安保はもの凄く大事と言いながら、東アジア共同経済体の重要性も述べるという、両立し得ない矛盾がありました。
アジアが重要になるというならば、日米関係を見直すというのが、目指す方向なのですが、理想を封印し、現実重視の結果になりました。
政治家になったからには、夢に一歩でも近づけるのが役割なのに、放棄してしまいました。
その自己矛盾の結果、日米共同声明という重い荷物をあとの政権に残したことは、最大の失敗です。
5月末までに辞めれば、仕切り直しになったのに、本当に愚かな総理です。

政権交代の首相としては評価は低いですが、政権交代を果たしたリーダーとしては、高い評価を与えたいと思います。
同じように政権を投げ出した自民党の麻生、福田、安部の歴代首相などとは次元が違います。
彼らは、賞味期限の切れた自民党政権にあって、小泉構造改革によって、ずたずたにされた国民生活を、自らの否定に繋がることは出来なくて、どうすることも出来ませんでした。
自民党が解決できなかった難題の山に立ち向かったことが先ず評価されますし、普天間など、越えられないものもありましたが、事業仕分けや密約問題など、自民党の悪政をオープンにしたことや、コンクリートから人へなど、一定の道筋を開いた業績は高いと思います。
スポンサーサイト





演説一つとっても、これほどメッセージ性の高い首相は、もう現れないのではないか、と思います。
歴代首相とは次元の異なる高尚かつ優秀な総理だったのに、そして民主党がもし一枚岩で結束すれば、連立内閣としての在り方も、政策の取り組み方も、また変わってきたことでしょうに、政権交代も平成維新も絵に描いた餅に終わらず、もっと様々な革新が行えたことでしょうに・・・・本当に惜しくて残念でなりません。
ぶらさがり会見でなく、定例会見など、国民に直接語りかけるチャンスは、首相に作ることはできなかったのでしょうか。それが無い限り、これからもマスコミのやりたい放題が続くわけで、怖いです。
ku-ko さん、コメントありがとうございます。
演説の上手い、理想の高い総理でしたね。
理想と現実の狭間で、現実に屈したのが悔いが残りますね。
二酸化炭素20%削減やアジア共同体構想までは良かったのですが、普天間では、首相の意を汲まないで、岡田外相や北沢防衛相が完全に首相の足を引っ張りました。
理念が高いときは、支える閣僚がもり立てていかなければならないのに、勝手に個人プレイに走ると、瓦解します。
やはり、バラバラの党なんですから、首相のリーダーシップが必要だったと思います。
ぶら下がり記者会見は政治を劣化させます。
コンビニ政治は上手く行きません。
ぶら下がりで説明責任を果たせるものではありません。
折々に触れて、国民に直接語りかける記者会見が必要だったと思います。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。