≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 G8、ここでも我が国の首相をけなす報道』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

菅首相ぽつん、外交苦手克服へ準備したのに…
 就任3週間となる菅首相が、25日に開幕した主要8か国(G8)首脳会議(サミット)で外交デビューを果たした。これまでの政治生活で海外との接点が少なかっただけに、首相は周到な準備で国際舞台に臨んだが、さっそく「新参者」の悲哀も味わっているようだ。
 ◆溶け込めない◆
 25日昼下がり、サミット会場のリゾートホテルの庭で、それは起きた。
 集合写真の撮影を終えたG8首脳らは、オバマ米大統領らを中心に談笑を始めた。ところが首相は一人だけ輪に入れず、笑みを浮かべてぽつねんと立ち尽くすだけ。首相同様、今回がサミット初参加のキャメロン英首相がすんなり溶け込んだのに対し、菅首相は言葉の壁などもあって一歩踏み出せなかったようだ。
 首相就任にあたって自ら「外交的発言が少ない」と認めたように、首相には「外交は苦手」(周辺)という意識があるという。最近の首相経験者が小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫の各氏とも、留学や海外生活を経験して外国人の知人も多く、外交問題に一家言あったのとは対照的だ。

 ◆専門家が指南◆
 首相は、鳩山前政権で副総理だったが、難航した沖縄の米軍普天間飛行場移設問題では積極的に関与せず批判を浴びた。しかし、「ポスト鳩山」を強く意識し始めた今春ごろには「誰が次の首相になっても日米関係の修復は大変だ」と周囲に語るなど問題意識を持ち始めた。めぼしい日米関係の専門家の評判を聞いて回るなど、苦手意識克服に向けた下準備を進めていた。
 いよいよサミット・デビューが決まってからは、さらに熱が入った。外務官僚の説明に飽き足らず、21日夜にはジェラルド・カーティス米コロンビア大教授を首相公邸に招請。水だけで1時間以上にわたり、初めてのオバマ大統領との会談への対応を相談した。翌22日夜にはサミット出席5回という中曽根康弘元首相に都内のホテルでの面会を求め、“指南”を受けた。
 今回異例なのは、サミットの機会を利用した米国、中国、ロシア、韓国などとの個別の首脳会談に、岡田外相が同席する点だ。「日米、日露などは今までの経緯が分かっていないと困る」として、外相自ら福山官房副長官に申し出た。メディアや相手国の自らへの注目をそらしかねない外相同席を首相が拒まなかったのは、外交デビューはとりあえず「安全運転」で切り抜けたい、との首相の思いの表れ、との見方がもっぱらだ。
 ◆山場は日米会談◆
 今回の外遊で、首相が最重要課題に位置づけているのが、27日夜(日本時間28日朝)に行うオバマ大統領との会談だ。鳩山前政権でガタガタになった日米関係を立て直す、という深刻な課題に直面する。
 関係筋によると、首相は「鳩山と自分とは違うと伝え、不信感払拭に努める」ことを最優先に臨むようだ。
 とはいえ、日米間には、普天間問題がなお未解決のまま横たわる。日米関係を名実ともに修復するには、5月の日米共同声明にある通り、普天間代替施設の位置や工法を「8月末日」までに決めないといけない。しかし、地元・沖縄との合意形成は進んでおらず、展望は見えていない。
 首相はサミット出発に先立つ外務官僚との勉強会で、「8月末日」について、「なんで8月末日なんだ!」とどなり散らして「イラ菅」ぶりを発揮したという。外交に本気になった証拠ともいえるが、今後の試練の厳しさも示す出来事だった。
                   (カナダ・トロントで、五十嵐文)
(2010年6月27日09時27分 読売新聞)


自国のトップリーダーを蔑むマスコミって、他にあるでしょうか。
直接ではないですが、間接的にも国民が選んだリーダーです。
英語が出来なくても、国民が選んだ事実の方が遙かに優先します。
国内で野党と争っているときの批判なら分かりますが、それとは違って、世界のトップ達を相手に意見を交わそうとしているのです。
G8が終わって、結果が良くなければ、批判するのも分かりますが、G8が始まる前で、まだ結果が出ていないのにです。
応援こそすれ、後から鉄砲を撃つのは間違っています。
日本のマスコミは異常です。
そこ(日本を売って)までして、記事を売りたい、視聴率を上げたいのでしょうか。

世界と戦っているサッカー日本代表の岡田監督を、WC第1戦の始まる直前に、マスコミが記事を売ろうとして批判しているようなものです。
世界相手なら、応援こそすれ、揚げ足取りはしません。
気に入らない監督でも、せめて批判したいという主観を我慢して書くべきです。

G8の構成は、白人7人に対し黄色人種が1人だけ、この光景は異様です。
世界を牛耳る白人達には、仲間にいる日本人が異質に映り、唯一の例外の方は目に見えない圧迫感や孤独感があっただろうと思います。
中国、韓国、インドネシア、インド、南ア、ブラジルなども加わるG20の方が、より多様な人種が集うという意味で、より妥当のように思います。
スポンサーサイト


この国のマスコミが指導者と思っているのは某国の大統領なのでしょうね。
日本の首相は某国の支店長くらいの扱いなのでしょうね。
本国の指令・命令にどれだけ従順であるべきかを首相にレクチャーしているつもりの日本のマスコミなんでしょうね。
scotti さん、こんにちは

この国のマスコミは、間接的ですが国民が選んだ総理大臣より、アメリカの大統領に尊厳を抱いていますね。
アメリカの意に添うよう、日本の総理へ注文を出しています。
日本はアメリカの属国かと言いたいですが、マスコミはそう思っているようです。
アメリカとの関係が悪くなっても、国益に叶うなら構わないはずなのに、アメリカとの関係=日本の国益という関係が、戦後65年も経ち、アメリカの一国支配が終わろうとしているのに、未だ戦後の呪縛に取り付かれています。
そこには日本の国益は低く、あくまでもアメリカの国益の最大限の実現に過ぎないことに早く気付くべきです。
管首相は,首相になってからの言動を見ると,長期政権を目指すために八方美人に変身したように思える.普天間で躓いた鳩山首相の轍を踏まないようにいち早く日米合意を尊重すると米国に恭順の態度を示し,経済政策で躓かないために消費税10%増税で財務官僚や自民党の予てからの主張を取り入れ,草の根の冠を捨てた官首相と野次られたみんなの党との連立を仄めかしたりしている.10%増税が逆目に出て内閣支持率が10%も下降して,現有議席の54も危ない状態になっている.しかもサミットでは,日本の赤字財政は例外とすると言われ,案に,10%増税で日本の景気,ひいては世界の景気を悪くしないで欲しい,と暗に釘を刺される始末である.
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。