≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 名古屋場所開催ありきの特別調査委員会』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

毎日新聞 大相撲:賭博問題 名古屋場所は開催 琴光喜関ら追放 理事会、勧告のむ
 大相撲の賭博問題で日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、外部有識者による特別調査委員会(座長・伊藤滋早稲田大特命教授)の処分勧告を受け入れ、7月11日初日の名古屋場所(愛知県体育館)の開催を決めた。延期されていた番付発表は5日。調査委は大関・琴光喜関を「解雇以上」、主任職の時津風親方(元前頭・時津海)を「降格以上」の処分にする懲戒勧告の内容を明らかにした。
 協会は4日に開く臨時理事会・評議員会で、既に「解雇以上」を勧告された大嶽親方(元関脇・貴闘力)を加えた3人の処分を決める。協会規定の「除名または解雇」処分が決まれば角界追放で、除名は現行の賞罰規定で初。
 大嶽親方は28日付で退職願を出したが認められなかった。大嶽部屋は所属の二子山親方(元十両・大竜)が継承する方向で、「大嶽」へ名跡変更を届け出る。
 文部科学省幹部は「協会がきちんとやっていけるか注視する」と述べた。
 また協会は、野球賭博に関与して処分勧告を受けた力士を公表した。これらの協会員は名古屋場所中謹慎。ただ勧告にあった幕内・嘉風関は常習性がないため、師匠の尾車親方(元大関・琴風)とともに処分保留となった。部屋全員を謹慎とした阿武松(おうのまつ)部屋は、野球賭博に関与していない力士について2日の調査委で再検討する。
 武蔵川理事長の代行を置く勧告についてもその調査委で推薦。4日の理事会で武蔵川理事長が指名する。協会外部理事の村山弘義・元東京高検検事長を推す動きが強い。
 この日、臨時理事会後、評議員会を開き、賭博の実態調査書類が配られた。2日を期限に回収する。武蔵川理事長は「しっかり(勧告を)受け止めて、解決に向けて全力を尽くす」と話した。【本橋和夫、飯山太郎】


スパモニの指摘は当たっていると思います。
罪を問わないから、名乗り出なさいと言って、それに従ったら、厳罰に処されることになる、騙し討ちです。
野球賭博は軽犯罪であり、少なくとも罪を問われる行為です。
協会の判断で騙し討ちは卑怯ですね。
3人が解雇等の厳罰で、他は名古屋場所の間だけの謹慎はあまりにも違いすぎます。
その違いは協会の嘘を言ったからだと言います。
嘘を言っただけで、落差がありすぎです。
3人を見せしめにして、協会の責任を軽くしようとしたのではないでしょうか。

鳥越さんが言っていたように、調査する人と協会の理事が同じ人、協会の意向が反映した裁定のように思います。
調査は完全に外部の人に委ねるべきでした。

こういう協会や相撲そのもの体質は、一朝一夕に飛躍的に改善されるものではないと思います。
かなり時間を掛けて、改めなければいけないと思います。
そのためには、協会の運営は外部の人が主になって行わないと、相撲界の非常識がなかなか改まらないように思います。
こんなダーティな相撲イメージでは国技の名に値しません。
改革が出来なければ、税制等、様々な優遇措置のある公益法人を返上して、普通の営利法人に変えるべきと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。