FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 阿久根市長、独裁国家じゃあないんだから!』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

阿久根市職員に半額ボーナス…重苦しい市役所
6月30日12時5分配信 読売新聞
 市長が職員や市長自身のボーナスを半減する条例改正を専決処分した鹿児島県阿久根市で30日、ボーナスが支給された。通常なら約70万円が支給されるはずだった40歳代の男性職員は「住宅ローンの返済が苦しくなる。どうすれば良いのか……」と頭を抱えていた。
 職員の大半は28日、連名で竹原信一市長に法令を守るように求める上申書を提出したが、市長は受け取りを拒否。署名した別の職員は「子どもへの仕送りや親の介護などの費用をボーナスで賄っている。士気は下がる一方だ」と嘆くかたわら、「いつ処分されるのか」と報復を恐れる。
 竹原市長は市議の報酬については、月額制から日額1万円の日当制を導入する専決処分をした。これによって、市議の報酬は定例会や各委員会への出席ごとに支給されることになる。ボーナスについては、今回は半額で、次回からは支給されない。ある市議の一人は「このままでは生活できないので生命保険を解約した」と打ち明けた。
 庁舎内の人件費の張り紙をはがしたために懲戒免職処分になった元係長の男性(46)は、鹿児島地裁判決で処分の取り消しが認められたが、市長は今も男性の復職や給与の支払いを認めておらず、この日のボーナスも支給されなかった。
最終更新:6月30日12時5分


民主主義の手続きを無視した、独裁的な手法が、この日本で行われていることにびっくりします。
議会の議決を得ずに、すべて市長の専決処分で行うのは、議会すら開かないという議会無視に当たり、横暴はあまりに酷すぎます。
先決議決には地方自治法の179条と180条があります。
179条では緊急を要するときや議会が議決しようとしないときは市長が専決処分できることになっているが、後に開く議会にいて、議会の承認を得なければなりません。
180条では議会にかける必要のない軽易なことは市長が専決処分できることになっています。
市職員のボーナスを半減することは、職員の生活が懸かっており、軽易なことではなく、明らかに議会で議決すべき条例です。
市長は強引に専決処分で条例を実施しましたが、次の議会でこの条例の承認を求めなければなりません。
市長は議会を開いていないようです。
それに対して、鹿児島県知事は竹原市長に議会を開くよう、是正勧告をしましたが、法定拘束力がないため、市長は無視し続けています。
今後、任期切れまで、議会を開かずに、すべて先決処分で行うつもりのようです。
議会に問題はあるのは分かりますが、彼らも市民の代表であり、市政をチェックする議会の否定は民主主義の否定です。
こういう横暴は許されないでしょう。

職員の人件費が市民に比べて高くて減らすべきなのは分かりますが、議会の合意を得て行うべきことで、議会が反発するならば、名古屋市の河村市長や大阪府の橋した知事のように、市民や府民に訴えて、議会の多数派を親市長や親知事派に変えるのが民主主義を尊重する妥当な手段です。
議員報酬の半減を狙う河村市長は、議会のリコール運動(有権者の1/3以上の署名)をして、市議会議員選挙を通じて議会を変えるという手続きを踏もうとしています。
橋下知事は府議会議員選挙を通じて議会を変えようとしています。
あの傲慢な小泉元首相や石原都知事ですら、民主主義に則っていました。
張り紙を剥がしただけでクビ、これは市長の暴走であり、恐怖政治そのものです。
日本は北朝鮮やミャンマーの独裁国家ではないのです。
正しいことなら、市民の賛同が得られるはずで、時間が掛かっても、民主的な手続きに従うべきです。

防衛大卒の自衛官出身というのが、こういう独裁的手法に走らせ、唯我独尊、独善的になるのでしょう。
こう言うのを突き詰めると、軍事政権の匂いを感じます。

参院選後、市民団体によるリコール運動が開始されるようです。
スポンサーサイト





そうですか、防大ですか。しかし、それにしても極端な人物です。
が、彼も選挙で選ばれていることを思うと、ここに至るまでには相当ややこしい経緯があったものだろうと想像します。その辺のことが知りたいですね。もっと公平な立場で理解するためにも。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。