FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 サンケイに反論する』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

民主、「権力」に酔った揚げ句…傲慢が生んだ「大敗」
7月16日12時2分配信 産経新聞
 政権交代からまだ10カ月というのに、民主党は膨大な国民の信頼と支持をなくしてしまった。
 参院選の敗北をめぐり、菅直人首相自身が認めたように、消費税率アップを唐突に持ち出したためとの見方がある。前首相と前幹事長の「政治とカネ」や普天間飛行場問題の迷走もあった。だがそのせいだけではあるまい。
 もっと根本にあるこの政権の体質、初めて権力を手にした者の傲慢(ごうまん)さのようなものが、国民に見透かされ、嫌われた。そんな気がしてならないのだ。
 昨年9月の政権発足で、内閣や与党民主党の中枢に座ったのは、小沢一郎幹事長らを除き、それまで国家権力とは遠い距離にあった人たちだった。ほとんど野党暮らしだったからである。
 ところがその瞬間から、権力のうまみを嫌というほど味わうことになる。
 野党時代は歯牙にもかけてくれなかった官僚たちが、平身低頭で従ってくれる。自民党支持だったはずの業界団体が次々とすり寄ってくる。マスコミへの露出も格段に増えた。
 たちまち、政府・与党のみんながこの権力という蜜(みつ)の味に酔ってしまった。
 鳩山由紀夫首相は、国会で自民党に財政政策を批判されて「あなた方には言われたくない」と「暴言」をはく。菅直人副総理ら閣僚にも、野党の質問者を小バカにしたような答弁が目立った。
 政策面でもそうだ。政権発足直後、群馬県の八ツ場ダム建設問題では「マニフェストに書いてあるから」の一点張りで、地元の声を抹殺して建設ストップを決める。事業仕分けも、ほとんど「問答無用」である。
 極めつきは昨年12月、天皇陛下と来日した習近平中国副主席との会見問題だった。
 中国側の会見申し入れは、1カ月前までにというルールからはずれていた。外務省、宮内庁とも断ったが、鳩山首相の指示で強引に割り込ませた。しかも小沢幹事長は抵抗した宮内庁長官に辞職を求めるという強権ぶりだった。
 その小沢氏らの「政治とカネ」では、野党側の証人喚問や参考人招致の要求にも一切応じない。それどころか、捜査当局や検察審査会への圧力を思わせるような言動もあった。
 菅政権になったあとも、衆参の予算委員会や党首会談を開かず、議論を封じ込める。参院での首相問責決議案すら採決しない。
 まるで一党独裁のようなやりたい放題に、国民が「自民党時代でもこうひどくはなかった」と思い始めても不思議はない。
 哲学者ニーチェは『権力への意志』で、キリスト教などを批判するのに「ルサンチマン」という概念を使った。下位の者の上位に対する怨念(おんねん)、嫉妬(しっと)といった意味で、それが人を動かすという。
 民主党政権を見ていると、かつての自民党政権への「ルサンチマン」のあまり、権力を「乱用」しているのではという気さえする。政権交代を「革命だ」とはしゃぐ民主党議員も何人かいた。「革命」だから、何をやってもいいという意味だろうか。
 さすがに参院選後には「謙虚で慎重な姿勢がわれわれに足りなかった」(原口一博総務相)といった「反省」も聞かれる。だがそれも、政権を担う真の自覚に基づくのかわからない。
 今更ではあるが、日本には「実る稲田は頭垂(あたまた)る」という立派なことわざがある。(論説委員・皿木喜久)


物事には必ずプラス面があり、マイナス面があり、裏があれば主があります。
如何に極悪非道の犯罪者にだって、良い面張があり、英雄であっても悪い面があります。
プラス面を無視して、自民党側という一方的な視点で、良くもこれほど、悪口が言えたものだと思います。
大衆紙ならいざ知らず、大新聞として恥ずかしくないのかと思います。
マスコミの低レベルが、国民のレベル低下、政治のていたらくを招いていると言えます。

政党の支持率が正確に現れる比例区の得票率では、民主党が第一党です。
各紙の世論調査でも、菅内閣の即答が圧倒的に多いです。
自公の選挙協力と、最大5倍もある1票の格差で、自民が勝っただけです。
今回の参院選を総選挙でシミュレーションすれば、民主党が勝っていたそうです。
民主党は膨大な国民の信頼と支持をなくしてしまったというのは事実誤認です。

1年も満たない新米内閣にいっぱいの悪態をついていますが、賞味期限が切れて20年、根本治療をせずに対処療法に終止して800兆円もの膨大な借金と先進国最低レベルの格差社会をつくった自民党政権に、産経新聞はどれほどの悪態をついてきたことでしょうか。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。