≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 長妻大臣指示に納得1%、厚労省職員ならさもありなん』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

「長妻大臣指示に納得」1%…厚労省職員調査
 厚生労働省の職員が、長妻厚生労働相ら同省に常駐する政治家の対応に不満を抱いていることが28日、二つの調査で明らかになった。
 厚生労働省が同省職員を対象に行ったアンケート調査によると、長妻厚労相ら政務三役から「現実的なスケジュール感の観点から納得のいく指示が示されている」と思う職員はわずか1・0%だった。
 アンケートは、長妻氏の肝いりで設置された同省の「若手プロジェクトチーム」が職員の意識を探ろうと行った。出先機関などを除く本省職員約3200人に無記名方式で実施し、うち約750人が回答した。
 「現在仕えている上司について当てはまると思うものはどれか」と複数の選択肢を示して質問したところ(複数回答可)、長妻氏や副大臣、政務官の政務三役に対しては、「おごりを感じる」が48・0%に上った。一方、「厚生労働行政に対する想いやビジョン(構想)が伝わってくる」は14・5%、「速やかに相談できる」が1・2%と低い評価だった。
 自由記述では、「(長妻)大臣と(職員と)の不信感が著しい」などの指摘もあった。
 長妻氏は28日夜、「チームには、耳が痛いことを言ってくれと指示していた。政治主導がどういうものか、省内に説明が届くようにしたい」と記者団に語った。
 国家公務員の残業実態についてアンケート結果はこちら。
(2010年7月29日03時08分 読売新聞


明治以来140年も続く、官僚制度は岩盤の如く揺るぎがたく、官僚主導政治で、民主主義が根付かず、今なお官尊民卑思想が抜けません。
官僚達は日本を動かしているのは我々であって、ころころ変わる政治家には危なくて任せられないから、顔だけ立てて、振り付けに従って踊ってくれればよいと考えているのでしょう。

政権交代で、政治主導を目指したものの、岩盤のような官僚達にそっぽを向かれて上手く進まず、鳩山政権は半ば官僚に取り込まれ、菅政権では官僚に取り込まれてしまったように思います。
官僚制度の根本に切り込まず、穏便にやって、官僚を利用しようとした結果であり、参院選の敗因の一つになったと思います。

長妻大臣は省内仕分けなど、良くやっている方で、厚労省の残業時間も多いと聞きます。
政務三役に驕りを感じると言いますが、奢っているのは官僚の方ではないでしょうか。
上から下まで、お上意識があるから、上に来るよそ者=政治家を疎ましく思う体質があるのでしょう。
国民から選ばれた政務三役に、無条件に従うのが官僚の責務です。
会社で言うような上司と部下の関係ではありません。
シンクタンクに仕事を頼む施主と、仕事を受けたシンクタンクに近い、むしろ絶対的な主従関係に近いと言えます。
死刑制度に反対の法務大臣に、死刑執行するかしないかは大臣に法的に一任されているのに、官僚が執行を迫り何ヶ月も掛けて説得して考えを覆させるというのは以ての外、官僚の越権行為で主権侵害です。
極論すれば、政務三役がどんなに間違っていても、日本が駄目になると分かっていても、従うのが民主主義です。
政務三役と上手く行っていないなら、国民から選ばれていない人達の方から上手くやるのが筋で、上手く行かないと不平を言うのはそもそも間違いではないでしょうか。
官僚の考え方そのものが間違っていると思います。
大臣をレクチャーするなんて、主従逆転です。
国を動かしたかったら、官僚を辞めて、政治家になればよいのです。

天下り根絶なら、現役のときに行かせればよいと、官僚の悪知恵で民主党は取り込まれようとしているとスパモニで言っていました。
10%一律削減と言い、どんどん、民主党政権は官僚に降参し、取り込まれようとしています。
官僚制度を壊さないと、省益や業界との癒着などの弊害は無くなりません。
官僚制度を手足になるよう、頭を変えるしかありません。
課長クラス以上は政治任用にして、従わない官僚は幹部から降格させ、若手や民間から登用すればよいと思います。
与党は政治任用する官僚幹部がシンクタンク、ブレインの役目をします。
しかし、野党には政策を煮詰める機関が不十分で、政党のシンクタンクが必要と思います。
官僚の受け皿にもなりますし、官僚幹部や政治家への人材をストックすることも可能となります。
そのために、野党にはより多くの政党交付金は必要と思います。
これを続けていけば、官僚が国を動かすのではなく、政治家が動かす駒に官僚がなることが、文化となっていくことでしょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。