FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 ”太田総理"打ち切りは朗報』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

太田総理を初めて見たとき、何を偉そうに、芸人が総理大臣か、政治をお笑いにしていると憤りを感じました。
政治を身近なものにしたと、テレビ関係者は言うかも知れませんが、政治を笑いものにしているしかないと思います。
なるほど、身近にしているが、それはあくまでも第三者的で、当事者意識が感じられないものと思います。
お笑い芸人が政治を語っても良いですが、お笑いが政治家までも取り仕切るという異常さは見るに堪えません。
政治は人の利害に関わった真剣なことで、お笑いの対象ではありません。
テレビの中でも、真剣な議論が必要で、もっと政治番組が増えるべきですが、お笑いが入る余地はないと思います。

本来、政治というものは、近所が良くなればから発展する、もの凄い身近なことです。
身近なことから、ボランティア精神の政治家が現れ、目線はあくまでも庶民、その積み重ね、その延長が国民から信頼される政治となってくると思います。
庶民の間で、政治議論がタブー視される現状では、政治はプロがなすべきことと任せている現状では、まともな政治はなされないと思います。
もっと、政治が庶民の間で話され、庶民がまちづくりなど、政治に関わって行くことが重要だと思います。
そのためには、教育のなかで、政治のことを話したり、ディベートすることが必要であり、地方自治でも名古屋河村市長の提唱する地域委員会など、庶民が参加するボランティアによる政治参加も必要だと思います。

お笑いがテレビを席捲する、何でもお笑いが出てくる、テレビは笑っていれば現実逃避させてくれる、そんな風に今のテレビは映ってしまいます。
作られた笑いなんて、何もおかしくありません。
勿論、憩いとしてのお笑いがあっても良いのですが、どこのチャンネルを合わせても、お笑い芸人が出てくるのは異常です。
テレビはもっと現実を直視すべきと思います。
今を生きる人達の問題を明らかにし、それに勇気を与えたり、与えられたりすることこそが、人の役に立つテレビのように思います。
テレビの主人公は芸人や芸能人ではなく、日本国民であり、日本の自然、さらに世界のありのままです。
テレビの虚構はうんざりです。
もっと、人々や自然を映して欲しいものだと思います。
題材には事欠かず、人の数ほどあります。

それには、もっとチャンネル数を増やすべきと思います。
そうずれば、横並びでなく、もっと色んな視点、色んな対象が番組となるでしょう。
例えば、政治問題も、上っ面を舐めたような番組ばかりという現状から脱して、もっと深く掘り下げて議論する番組も出てくることでしょう。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。