≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 今日のスパモニ小沢氏生出演、質の高い番組内容』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

小沢さんが出ていたスパモニの動画が何故か幸福実現党支持のブログ「幸福維新の志士となれ」の「スーパーモーニング 小沢一郎」でアップされていますので、みなかった人はご覧下さい。

小沢さんが饒舌なことにはびっくりしました。
非常に分かりやすく、理念から政策まで一貫していました。
鳥越さん、山口さん、大谷さん、三反園さんの質問に素早く的確に答えていました。
言葉のキャッチボールがこんなに噛み合っていたのと、やりとりの早さも、あまり見たことがありません。

検察審査会が起訴相当と議決して、強制起訴となった場合、総理になった小沢さんは訴追を免れることも出来るが、小沢さんは訴追を受けると明言していました。
強制捜査権のある検察が1年がかりで調べても有罪になる証拠が見つからなかったのだから、起訴されるはずはないという自信を小沢さんに感じました。
検察審査会のたった11人が、総理大臣を辞職に追いやろうとしているのです。
強制起訴しても、検察が何度も起訴を諦めた裁判は有罪になる可能性はゼロに等しいのです。
それを分かっていて、検察審査会の11人の2/3は起訴相当の議決を出せるでしょうか。
民主党国会議員、地方議員、党員サポーターの数十万人が選んだ人を、たった8人だけで豪腕だから知っているに違いないという、証拠無しで裁判を進めても良いという素人感覚で、総理大臣を首へと追いやることが出来るのでしょうか。
出来ないと思います。
今朝の新聞を見ると、訴追を受けた小沢氏を首相として戴くのは、国内的にも国際的にもどうかという批判論調になっていました。
無罪となるのが分かっている裁判をして、裁判をしているから、総理に相応しくないという考えは間違っていると思います。
推定無罪の話は当然出ていましたが、残念ながら、私の指摘した考えをマスコミは流していませんでした。
刑事訴追を受けた総理が恥ずかしいと言いますが、イタリアのベルルスコーニ首相は、贈賄罪、不正会計操作の罪に問われた複数の裁判を行っていたと言います。
小沢さんの虚偽記載、それも無罪と分かる裁判と違って、ベルルスコーニ首相は贈賄罪、不正会計操作の罪と言う悪質な罪で、それも一審で有罪となったほどのものです。
推定無罪の原則が何よりもまして大事だと言うことをイタリアでは物語っていると思います。

プロの裁判官による裁判を見直すとして出来た検察審査会自体に欠陥があるように思います。
被害者に代わり国が裁判をしているのは、当事者が遺恨で仇討ちのようなことにならないため、集団リンチとならないため、いっときの感情で誤らないよう、プロが冷静な判断を下すためと思います。
今の検察審査会は集団リンチの様相を呈しつつあります。
審査対象となっていないのに、横峯議員を起訴すべきと言う検察審査会の我々は国民を代表する正義だと勘違いした暴走は目に余ります。
裁判が、国家権力の誇示、判断が過去の事例にとらわれすぎて判断が時代に合わないなどの悪い面が出てきているのは事実です。
原因は純粋培養の裁判官、国家権力(お上官僚)を意識する裁判官組織にあると思います。
裁判員や検察審査会ではなく、裁判官を官僚裁判官から民間弁護士に変えるべきと思います。
それでもおかしいというならば、裁判員でなく量刑を決めない陪審員を検討すべきと思います。
検察審査会も検察が証拠があっても起訴したがらない案件に限定すべきです。
それは身内の事件、検察や警察の案件、さらには同じ国家権力(お上官僚)の案件だと思います。
政治家については、裁判に代わる選挙というものがあるので、対象から外すべきだと思います。
良く考えれば、検察が有罪に出来る証拠だけを開示するのではなく、全証拠を開示すれば、検察審査会の必要性は減るものと思います。
検察審査会のあり方自体を考え直さなくてはいけないと思います。

鳥越さんが核の抑止力で核の廃絶を求めましたが、日米同盟尊重で、積極的でなかったのは残念でした。

陰の権力者である官僚から国民主権を奪い返し、マスコミの既得権益を無くし、アメリカに対等にものが言えるのは、菅さんよりずっと上、遙かに総理大臣に相応しいことが明らかになったと思いますね。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。