≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 菅首相は世論調査頼み、しかし世論は移ろいやすい』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

国民はこう思っているから、こうすべきだと、マスコミは世論調査を借りて語っているように聞こえます。
国民の言う(=世論調査)とおりにやっていたら、政党は不要です。
与党になれば、常に世論に合わせれば、政権は安泰です。
世論調査で与党を叩くから、菅さんのような世論にばかり気を遣い、先を見通せない信念のない政治家が生まれるんです。
小泉元首相以後は、世論調査の結果、国民に人気の高い政治家が首相になった結果、安部、福田、麻生、鳩山さんとどれも、パットせず、長続きしません。
菅さんは今後で分かりませんが、命がけでないという性根から見て、首相を継続しても短命内閣に終わるでしょう。
ころころ変わるのではなく、国民がころころ変えているというのが正しいのではないでしょうか。
首相に相応しくない人ばかりを選んできたことになります。
国民の目は節穴なのです。
人気やイメージではなく、本当にやりきれるかどうか、覚悟の問題だということに気付いていません。
世論調査重視は大衆迎合の衆愚政治が行われる危険性が大です。
多数意見が常に正しいとは限りません。
時代の変革期には、少数意見の方が正解のことが多いと思います。

その世論調査ですが、実際に信憑性があるのでしょうか。
前の世論調査では、菅内閣支持率が40%くらいなのに、首相続投指示が70%と矛盾するものとなりましたし、今回、政策という程のものは行っていないのに支持率が10ポイントも上がりました。
国民は国家戦略室の格下げ、予算10%一律削減の閣議決定という政治主導に逆行することを評価したのでしょうか。
自民党と一緒になって直ぐ上げそうな消費税引き上げを急がないと、トーンダウンしたからでしょうか。
それとも、新卒扱いを3年にしたことでしょうか。
新卒4年なら、5年ならどうなんでしょう。
新卒扱いそのものが就職差別で撤廃すべき慣習であり、法律で正すべきであるのに、新卒扱いの誤魔化しには笑ってしまいます。
政治主導も小沢さんより菅さんという信じられない結果もあります。
国民の目は節穴、自分の頭で考えていないように思います。
マスコミの洗脳、擦り込みに頼っていると思います。

そもそも世論調査は、マスコミによる世論誘導の要素が多いように思います。
質問の仕方や、並べ方、選択肢の作り方、説明の仕方で、無回答の扱い方など、世論の切り取り方は様々にできると思います。
世論調査は恣意的にも出来、マスコミによる政治への介入の道具にもなります。
世論調査の前には、社説だけでなく、中立であるべきニュースの記事の中にさえ、恣意的な書き方がされています。
読者は影響を受けて、視聴者は擦り込まれて、曖昧な世論調査に望むわけです。
結果はマスコミの論調に左右されることは見えています。
世論調査はマッチポンプみたいなもので、マスコミが示した方向に国民が流され、世論調査が国民の声として、マスコミが声を大にする、そういう仕組みなのです。

マスコミは国民の声を代表選に反映させたがっていますが、大統領選のような国民投票ではなく、民主党関係者だけの投票で、彼らの意志で決めるもので、国民の意志とはイコールではなく、違っているのが当たり前なのです。
代表選は民主党関係者によるものであって、国民の声とは直接関係ありません。
国民の声に引っ張られて政治をするのではなく、民主党支持者の声を聞いて行うものだと思います。
国民の声と称して、代表選に介入するのは、選挙妨害のように思います。

世論調査は新聞やテレビなどのマスコミがやれば、マッチポンプのように世論誘導の危険性をはらんでいます。
世論調査は、専門的な調査機関が、公平中立な体制で行うべきです。
第4の権力と言われるマスコミが行うべきではありません。
それも政策を何もしていない段階でとるなんて、イメージだけの何ら論拠のない、まるで芸能人の好き嫌いの人気投票のようです。
やるとしても重要な政策など、節目、節目で、十分です。
世論調査の位置づけは、水戸黄門の印籠の如く、扱うものではなく、あくまでも参考に過ぎません。
選挙のように国民の意志を突き詰めたものではないため、結果に見られるような傾向があるが、国民投票でもないので、本当の世論は分からない程度のもので、拘束力は全くありません。

支持はしないが首相は続けても良いというような、曖昧な答えが出る世論調査は即刻止めるべきです。
支持などと、政治的行動と直結しない、不明瞭な言葉も使うべきではありません。
本当に国民の世論を掴みたいならば、予断や偏見と受け取られないよう、質問の順番や内容、言葉遣いなどに、十二分に配慮すべきです。
言葉は入れれば入れるほど、分かりやすくなりますが、意図が入ってしまいます。
言葉遣いは的確で、出来る限り単純にすべきだと思います。
恣意的な質問や前振りも一切止めるべきです。
理由だどを聞くと、その選択肢によって左右される人も出てくるから、理由も不要です。
質問はNG形式で、分からないは含めず二者択一にすべきです。
質問は、恣意的と受け取られないよう、国民投票のような形式にならざるを得ないと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。