≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 押尾被告の情報が溢れ返るテレビ、裁判中でもありか』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

押尾容疑者の保護責任者遺棄致死事件の裁判が始まり、マスコミは連日、裁判の様子を事細かく、推理も交えて伝えています。
それも裁判の事実だけなら良いのですが、推量や推察を加え、被告が完全に有罪なような印象を与える放送をしています。
これでは、裁判中の裁判員に影響を与える可能性が大いにあります。
プロの裁判化に比べ、素人の裁判員は何事にも影響を受けやすく、国民の代表として選ばれているという意識から世論と言われているもの、世の中の風潮に左右されやすいと思います。
行き過ぎた報道は慎むべきだと思います。
有名人を扱えば、視聴率や販売数が増え、金の稼ぎどころとなるのでしょう。
金儲け主義よりも、公平公正な人権報道を優先すべきで、それが公器としてあるべき姿だと思います。

マスコミは、2回目のご馳走にありついて、嬉しそうに連日、放送しています。
MDMAを服用すると、死に至ることもあり、麻薬は非常に危険だというPRは有効でしたが、いろんな問題が含んでいます。
裁判員裁判ですが、被告が否認しており、保護責任者に当たるか、遺棄致死があったのか、その確たる証拠がないという難しい裁判を素人がしなければならないことです。
それらよりも問題なのは、裁判が始まるまでに、有名人なので、より事件報道が過熱化して、被告に不利な情報がマスコミから雨霰の如く流されて、裁判員が擦り込まれ予断や偏見を持ってしまい、白紙の状態で裁判に臨めなくなったことです。
検察、警察からの自分たちを有利にする情報リーク(公務員の守秘義務違反に当たる法律違反)、推定無罪の原則を忘れた報道、何より大事な人権意識が、検察・マスコミという権力機関で希薄なこと(勿論国民も)が最大の問題です。
情報・人権先進国では、裁判が始まる(双方が対等の立場になる)まで、事件報道を控えるのが常識です。
報道も、情報提供源が公人の場合は、氏名を明かすのが原則です。

裁判員の判断は難しいと思います。
こういった刑事事件は、裁判員がやっても、裁判官がやっても変わらない、むしろ裁判官の方が私情を挟まないし、魔女狩りのような国民世論に流されなくて、法に基づく適切な結果になるように思います。
裁判員裁判が有効なのは、裁く側とその関係者(検察・警察、他の官僚、いわゆる国家権力)が被告となる場合くらいだと思います。

アメリカの陪審員が審議中はホテルに缶詰となるのと同様、マスコミ報道の影響を受けやすい裁判員は、外部情報からの遮断が有効です。
被告が否定する場合などは長引くそうなので、1週間は缶詰になるでしょう。
民間人を長く束縛することは行かないので、裁判が短期間になっています。
短期集中のやり方は、その場の勢い、発言力の強い人に引っ張られるなど、熟慮した自分の判断が出来ない場合が往々にしてあります。
暑くなりすぎて、重要なことを忘れてしまい、むしろ、正しい判断ができないように思います。
人の運命が掛かっていることに、即断即決は絶対、良くないと思います。
判決は一旦間を置いて、クールダウンさせた方が、冷静になって正しい判断ができると思います。

被告が有名人でなく一般人だったら、マスコミはこんなに騒がないと思います。
聞くに堪えないことも垂れ流され、報道の自由(=金儲け)は行き過ぎだと思います。
報道するのは裏が取れて真実と100%自信を持てる情報(検察・警察のリーク情報は事実ではない)だけにするなどして、人権を優先して自主規制すべきです。
些細な押尾事件報道はほどほどにして、それより日本の将来が掛かっている民主党代表選、なかでも政策について報じるべきです。
マスコミは公器なんだから、社会にとっての重要性を判断して、報道すべきです。
押尾容疑者がどうなろうが、個人的で些末なことです。
それよりも、代表選には日本国民の未来が掛かっています。

検察・マスコミの情報リークによって、洗脳と言って良いほど、検察審査会に選ばれたメンバーに予断・偏見を与えたことは事実だと思います。
だから、横峯議員を裁判に掛けるべきだと、義賊のような犯罪行為まがいなことまでしてしまうのです。
推定無罪の原則を貫けないようでは、法治国家と言えないし、情けない話、中世の魔女狩りと五十歩百歩かもしれません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。