FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 代表選終盤にて、週刊誌の卑怯な手』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

産経新聞 小沢氏に不倫スキャンダル 青木愛氏と密会疑惑、週刊誌が報じる
2010.9.8 21:06
 民主党代表選が終盤に向かうなか、小沢一郎前幹事長(68)陣営が強烈なスキャンダルに襲われた。明日発売の週刊誌2誌が「小沢ガールズ」として知られる青木愛衆院議員(45)の“密会疑惑”を報じているのだ。両誌の内容には食い違いがあるものの、この時期にスキャンダルが出ること自体が陣営にとっては手痛い。代表選影響を与えるのは必至だ。(夕刊フジ)
 報じたのは、明日9日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」。
 文春は「小沢一郎と青木愛『京都の密会映像』」と題して、京都・木屋町にある老舗割烹旅館での小沢氏と青木氏との“密会”の様子を両氏が写った写真とともに掲載。2人が手をつなぐような素振りや、青木氏が浴衣姿に着替えてリラックスした表情を見せるなど、親密さをうかがわせる様子が写っている。
 同誌によると、これらの写真はテレビ局が撮影した映像から抜粋したもの。小沢氏が代表選出馬を決める前の先月中旬に撮影され、ニュースとして、ある放送局が放映した映像の中で未放送だった部分が流出したという。
 一方の新潮も強烈だ。「青木愛が偽名の男と不倫お泊まりデート」と題して、青木氏の密会を報じている。ただし、こちらのお相手は小沢氏ではなく、同氏の政策秘書だ。
 同誌は、「妻子持ちの48歳」という同氏と青木氏が8月、茨城県水戸市のホテルで密会する現場をキャッチ。男性が偽名で宿泊していたことを紹介するとともに、2人で会食する様子や、ホテル内で距離を置いて歩く姿などをグラビア写真で紹介している。そのうえで同誌は、政策秘書の男性を直撃。男性は「やましいことしてないから」などと語ったとしている。
 代表選の決選投票まで1週間を切ったこの時期に突如炸裂した大型の“紙爆弾”。小沢陣営は、どう切り抜けるか-。


あまりに下らなさすぎる記事です。
記事を見ても、不倫の確たる証拠はなく、あくまでも推測記事に過ぎません。
週刊新潮のただ売らんかなの、三流記事にすぎません。
週刊新潮も三流雑誌に成り下がったものだと思います。
サンケイが取り上げたのは、小沢氏が行う維新の改革を嫌って、小沢さんのイメージダウンを狙った代表選のネガティブキャンペーンの一種だと思います。
週刊文春はもっと酷く、青木氏は小沢さんと何か関係がありそうなことを書いており、これはまさしく選挙妨害です。

何処が超弩級なんでしょう。
政治とは全く関係のない、プライベートなことでしょう。
不倫が仮に事実としても、不倫は文化という人も現れ、一般社会ではそれほど珍しいことではないのでしょうか。
世の中の乱れの方を放って置いて、あまりに下らなさすぎます。
かつて菅さんも不倫疑惑がありましたが、そんな疑惑が無いに超したことはありませんが、どうだって良いことで、政治的に失脚させるなんてとんでもない話です。
イタリアのベルルスコーニ首相、歴代フランス大統領にまつわる不倫話、国民はプライベートなことには関心はなく、如何に良い政治をしてくれるかに強い関心があります。
クリントン大統領の不倫は問題となりましたが、日本の宇野首相のように、辞めさせられませんでした。
日本国民もゴシップよりも政治(特に政策)に関心を持って欲しいものです。

政策秘書が標的となりましたが、公設秘書は国会議員一人に3人がつき、うち一人が政策担当秘書となります。
公設秘書の給与は合計で年間2000~2300万円と、議員歳費に近い額が国から支給されます。
個人個人が政策秘書を持つ必要があるのでしょうか。
小泉元首相の場合は、身の回りの世話をしていたお姉さんが政策秘書だったそうで、政策秘書が政策を立案しているケースは、それも専念しているケースは多くないのではないでしょうか。
また、一人でどれほどのものが出来るのでしょうか。
法案なんか全く作れないでしょう。
国会議員全体で政策秘書が680人、民主党だけでも400人を越えると思います。
400人をひとまとめにすれば、もの凄い政策集団、シンクタンクが出来ると思います。
政策秘書を廃止し、45~62億円を政党に交付し、シンクタンクを作らせば、官僚にとって代わるような政策通の政党になるだろうと思います。
民主党だと、27~30億円掛けてシンクタンクを作れば、政権交代の官僚の受け皿になると思います。
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。