≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 幹事長職難航、火中のクリは拾わない議員達」など審議へと言うが』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

菅さんの岡田幹事長人事は、まるで小沢支持派に喧嘩を売っているように見えます。
挙党一致は大嘘で、自分への支持を得るための方便でした。
勝てば、代表選が無かったように、世論の後押しを受けて、脱小沢路線にまっしぐらのようです。

今回の代表選は菅政権に脱小沢路線を見直すように、小沢さんが打って出て、負けはしましたが、国会議員の半数近くを確保し党内での実力を見せつけ、菅さんも代表選が終われば挙党一致、ノーサイドを繰り返し掲げました。
代表選の結果を受けて、挙党一致内閣は、小沢支持派の意見を政策に半分とは言わないまでも、党員などの票数で見て、少なくとも4対6で意見を取り入れる=4割くらいに小沢支持派に人事を委ねるべきだと思います。
若い人が多いというなら、小沢さんだけでなく、幹部や中堅は要職に就かせるべきです。
それで初めて、党内融和、挙党一致ができるというものですが、禍根を残す勝ち組総取りでは、一般社会と同様、対立の構図に拍車を掛けるだけで、全員野球でなく片肺飛行となり、ねじれ国会への対応も力不足は目に見えています。

小沢さんを内閣に影響を与えない代表代行なんて、輿石さんと一緒に、名誉職に追いやり、トロイカ(プラスワン)体制は終わったという印象を与えようとしています。
小沢さんを活かすと言うことは、選挙だけでなく、党内や政策をまとめる強力なリーダーシップ、政治主導に実権を揮えるポジションを与えてこそであって、代表代行なんて、何もさせないで、結果責任だけ一緒にとらせるみたいなものです。
スパモニで山口編集長は代表代行でも良いから協力すべきと言っていましたが、権限のないポストで、脱小沢路線を受け入れて、それが挙党一致でしょうか。

岡田幹事長の人事ですが、菅さんが野党の党首なら、堅物の岡田さんはお役人が向いています。
外相の岡田さんは、真っ先に辺野古沖を推したように、外務省の操り人形のようでした。
反小沢発言を繰り返しており、小沢支持派の反発は必至ですが、党内をまとめる能力にも疑問符が付き、さらにねじれ国会での他党とのネゴシエイションも、彼には到底無理な話だと思います。

検察・マスコミが容疑をでっち上げて、政治と金でネガティブキャンペーンを張って、世論を誘導し、小沢さんを引きずり下ろさなければ、小沢さんが政権交代の最初の首相として、政治主導を行っていたはずです。
検察とマスコミの連係プレイによる誘導した世論で、小沢と反小沢に二分されず、挙党態勢で平成維新を成し遂げていたはずです。
政権交代は殆どが小沢さんの功績に依るところが大です。
自民党を出て過半数割れにし、細川政権を樹立して小選挙区制の選挙制度改革をし、二大政党となるよう民主党と合併し、総選挙で大勝に導いた、政権交代のきっかけから最後まで小沢さんが無ければ到底、成し遂げられませんでした。
その小沢さんに対する菅政権の仕打ちが小沢外しとは、非礼極まりないと言えるのではないでしょうか。


リーダーシップのない菅さんは、消費税で自信喪失し虚脱状態になりました。
自信のない菅さんは、伸子夫人と仙石官房長官、国民世論に頼るのが良いと判断したようです。
菅政権は、マスコミの駆る国民世論を背に、脱小沢路線を含め、世論迎合政治を行おうとしています。
国民世論を誘導するマスコミに頭が上がらないだろうと思います。
世論頼みの衆愚政治は、国を導く方向を誤り、頓挫するに違いありません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。