≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 都合の良い時だけ小沢氏に中国と交渉しろと言う吉永みち子』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

毎日新聞 中国漁船接触:船長逮捕 領海内で操業、検査妨害の疑い
 沖縄県・尖閣諸島の久場島(くばじま)北西の日本領海内で7日午前、巡視船と接触して逃走した中国の漁船について、第11管区海上保安本部(那覇市)は8日未明、公務執行妨害容疑で中国人船長の男(41)を逮捕した。漁船は同島の北北西約27キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で停船し、同本部が海上保安庁法に基づく立ち入り検査中。船長は石垣海上保安部(沖縄県石垣市)に移送する方針。
 海保によると、逃走したのは大型トロール漁船「※晋漁5179」(166トン)。船長は7日午前10時56分ごろ、同島北西約15キロの領海内で、並走しながら繰り返し停船を求めた巡視船「みずき」(197トン)の右舷に漁船左舷を接触させ、検査を妨害した疑いが持たれている。船籍は中国・泉州で、乗組員の男15人は全員中国人と話しているという。
 外国籍漁船が不法操業した場合、日本の領海内では外国人漁業の規制に関する法が、EEZではEEZにおける漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法が適用される。漁船は網を下ろして操業していたが、停船の警告を再三無視。みずきへは、操舵(そうだ)してぶつかったとみられることから、海保などは公務執行妨害に当たると判断した。
 海保によると09年までの過去5年に、東シナ海を含む日本の領海・EEZで中国籍の漁船3隻、台湾の漁船6隻が不法操業で検挙されている。【石原聖】
    ◆
 中国漁船と海保巡視船の接触に関し、仙谷由人官房長官は7日、首相官邸に海上保安庁や外務省など関係省庁の局長級を2回にわたって集めて対応を協議した。出席した政府高官は「最寄りの警察か検察のあるところに連れてきて日本の手続きでやる」と語った。別の出席者も「何度も漁船に警告しており、こちらの対応に問題はない。国内法に基づいて海保が粛々とやる」としている。


中国と交渉する、複数のパイプがないのならば、菅内閣の問題点です。
先ず自分たちの弱点を認めた上で、対応策講じなければならないでしょう。
それが親中派と言われる小沢さんや田中真紀子さんのルートなら、お願いするしか無いのではないでしょうか。
中国との関係の薄い閣僚を選んだ菅さんの責任です。

菅さんが言うように、文字通り、挙党一致、適材適所なら、中国と上手くやれるはずでしょう。
挙党一致と言いながら、最高の人材である小沢さんを外しておいて、静かにしていて下さいと言う本音が明らかになっているのに、挙党一致なら小沢さんの方から菅内閣を助けるべきとは、スパモニで発言した吉永さんの言うことは支離滅裂です。
政府党の役職にあれば、提言すべきかも知れませんが、政府党の役職にない一兵卒の小沢さんが口を出せば、菅内閣への緩衝だとマスコミが叩くに違いありません。
菅さんは自ら強いリーダーシップと言ったように、どうしても必要なら、菅さんの方から小沢さんに協力要請するのが筋だと思います。
鳥越さんが言うように、黙っていろと言った菅さんが頭を下げてお願いするのが筋です。
こういう世論に乗っかる馬鹿なコメンテーターばかりなので、国民は賢くなれず、一方向にしか思考できなくなってしまいます。

確たる証拠として、ビデオがあると前原大臣が言いながら、公開しないのが不思議です。
海上保安庁の巡視船が一定の速度で先に走っていて、中国漁船が当たってきたというCGをテレビが流しましたが、巡視船の制止行動が原因で事故が起きたという中国世論もあるようです。
ことを荒立たせないため、公開しないのかなと思っていましたが、ビデオという客観的な証拠があるなら公開して、早々に決着を付けた方が中国世論を冷ます上でも、有効と思います。
2艘の巡視艇が当てられたと言うことは、漁船を前後で挟み撃ちし、補足するため停船させようと、間隔を狭めていったことが、逃げようとして舵を切ったか、破れかぶれで故意に当ててきたか、事件の原因になったかも知れません。
公開しないのは、不都合なことが映っているのだということにもなりかねません。
シーシェパードのときは、ビデオを公開していましたが、不毛な議論を無くす上でも、早々にビデオを公開すべきだったと思います。

今朝の朝ズバを見ていて、中国通のTBSの元キャスターが中国側の視点に基づいて説明していました。
日本のマスコミは、日本の領海内で捕まえて何が悪い、という国民を煽動する報道ばかりだったので、極めて新鮮でした。
海底資源があることが分かってから、自分の領海だと中国、台湾とも主張していて、まだ決着は付いていません。
日中の国交回復時にも、領海問を棚上げすることで、合意しました。
7年前、魚釣島に中国人活動家7人が上陸したときは、沖縄県警は逮捕しましたが、日中関係が悪かった小泉政権は超法規的措置として、国外退去処分にし、国内法を適用しませんでした。
起訴してしまうと、領海問題に発展するので、日中が揉めることを避るため、日中国交回復時の考えを守って、大人の対応をしたということだったと思います。
それを今回は、日本の領土を主張するため、検挙したのは、約束が違う、検挙を認めると領海を認めたことになると、中国が猛反発しているのだそうです。
もの凄く腑に落ちる説明です。
中国漁船の違法操業を見つけたとき、領海問題に発展するので、どうするか巡視船は迷い、上司に相談したか、或いは緊急事態に備えて拿捕するという方針が事前に決まっていたかのどちらかだと思います。
海上保安庁のトップは国交大臣、事件が起きた7日は改造内閣前の前原大臣で、検挙を指示したのではないかと思います。
漁船の進路の前方に回っていたので、停船させて検挙行動を採っていたことは明らかです。
思慮深い大臣ならば、領海問題になることを考えて、前に回らずに後から追跡する形をとり、停止を呼びかけたが振り切り、中国領海に逃げ去った後で、領海侵犯しないようにと中国に言えば済んだ話のように思います。
ケツの青い、思慮の足りない、中国嫌いの前原さんの責任は重いように思います。
どういう結果を招くか熟慮せずに、勢いだけで突っ走る、身の程知らずで、背伸びする、青二才の偽メール事件の前原氏を思い起こさせます。
自身は代表を辞めざるを得ず、追及した永田議員は議員辞職後に自殺した、偽メール事件が教訓になっていないように思います。

前原外務大臣は、非は中国漁船にあり、毅然とした態度をとると言っていましたが、中国の反発に恐れをなしてか、刺激しないためか、今は検察の段階と言って、前面に立つことを恐れ、逃げ腰になっています。
背景を何も知らない国民の世論を頼みとする政治は、非常に危険なことが、今回のことでもよく分かります。

アメリカは親米派の前原外相に大喜びしていますが、中国は前原大臣、彼を任命した菅政権に根本的な不信を抱き、中国脅威論を唱えてきた前原外相ではこの件だけでなく様々な問題で、今後も中国と上手く行かないでしょう。
難題山積の菅政権、どうするのでしょうか。

10日間の拘留期限の延長にも中国は猛反発しています。
話は脱線しますが、日本の司法は被疑者を拘束し過ぎと思います。
痴漢を否定したら、3週間も拘置されたと聞くと、やったかやっていないか、そんな単純なことを調べるのに、3週間もかかるはずはありません。
長期間の拘束は懲罰以外の何ものでもありません。
自白偏重主義の表れだと思います。
長い拘留は一般人にとって拷問と同じで、苦痛逃れに自白が強要され、冤罪も発生する可能性は一段と高まります。
先進国の中で、これほど長期に被疑者を拘束し、24時間調べられる留置所(代用監獄)に入れられるのは日本だけでしょう。
日本の司法はマスコミの推定有罪報道と同様、人権意識が希薄過ぎると思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。