FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 郵便不正事件、弁護側が徹底解明要求』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

朝日新聞が手柄のように、FDを専門の会社に出して改ざんが分かったと一面で報じていました。
おまけに、改ざんを初公判直後に地検幹部に打ち明けたという地検の内部調査までリークされています。
検察内部で噂になっていたようで、朝日が無罪判決を機に、上村被告(恐らく家族)のもとへ戻っているFDを借り受けて調べたのだろうと思います。

地検は朝日とズブズブの関係のはずなのに、何故か地検にとって危険な情報を流しています。
それとも、わざと流したのか、だから、速攻で逮捕となったのか不可解な点が多いように思います。

噂が記者の耳にはいるというのも一種の情報リークです。
地検内部では初公判直後に事実を掴んでいるのですから、自らFD改ざんを認めて、結審まで争うことなく、無罪にするのが、正義を守る人達の正しい行為のはずば、彼らが裁判が終わって無罪になるまで、見過ごしました。
というよりは、黙っているしかなかった、或いは途中での衝撃より、無罪判定が終わってからのほうが邀撃が少ないと判断した気すらします。
改ざんの可能性のあることを知っていて黙っていた地検幹部、さらに上層部の、司法を根底から損ねる行為を見逃していてと言う、責任は極めて大きいと言わざるを得ません。
噂は朝日のみならず、記者クラブの連中に結審以前には伝わっていたはずで、終わってから情報を明らかにするのではなく、噂でも報じていれば、検察を当動きとなり、裁判も途中で無罪で終わっていたと思います。
噂を掴んでいたなら、裁判が終わるまで報道しなかったというマスコミの不誠実な対応、人権意識に欠ける、正義を冒涜する行為は許されません。
被告を罪に陥れても良いとする検察の自己保身、検察が流して良い情報は流すが、検察に不利な情報は流さないというマスコミの不誠実な対応に憤りを感じます。

地検から内部調査の情報が検察上層部に上がっていたから、間髪を入れずに前田検事の逮捕に踏み切れたように思います。
朝日新聞も良い関係を維持するため、事前に検察上層部に情報を伝えていて、連携していたかも知れません。

検察は、トカゲの尻尾切りで終わらせようとしているのではないかと思います。
得意な人物が起こしたもので、組織ぐるみや組織の体質ではないと言うのは目に見えています。
彼は大阪地検のエースで、検察が推薦するような人物、特捜部の体質は彼に集約されているのではないでしょうか。
恐らく、小沢さんの事件などでも、証拠の改ざんが行われなかったという可能性はゼロではないと思います。
描いたストーリーに証言を追い込むと言うやり方で、日常化していた証言の改ざんは、小沢さんの事件でも100%行われていたことは間違いないでしょう。
さらに、被告に有利な情報は、表に出さずに隠蔽している可能性は大だと思います。
小沢さんの件で、審議している検察審査会は、検察が作った供述調書を白紙にして、検討して欲しいものだと思います。
そうすれば、強制起訴になることなんかあり得ないことが分かってくるでしょう。


小沢氏の事件を含め、大阪のみならず特捜部が行った事件について、改ざんしていないか、証拠を隠滅していないかを調査すべきです。
検察が検察を調べても、真実は闇の中に葬られるだけです。
弁護士など、公権力を持たない民間の第三者が調査すべきと思います。

スト-リーを組んで、それに合うように、証拠や証言を切り貼りし、ストーリーを破壊する証拠や情報は切り捨てていく、そんな推理小説のような捜査手法は、今後一切止めるべきで、証拠と証言を積み重ねて捜査する基本に立ち返るべきです。
押収した証拠や聴取した証言は一切、公開すべきです。
勿論、取調室の全面可視化を行うべきです。
検察官の作文である供述調書もやめ、意志・ニュアンスが明確な供述の原文に改めるべきと思います。
最後に、特捜部は不要で、捜査は警察で十分です。
政治家汚職、大型脱税、経済事件など、別扱いにする理由は見当たりません。

朝日新聞のスクープとそれに続く記事を以下に掲載します。

▼続きを読む▼

委員長の日記 地検特捜の犯罪を身内の捜査に任せるな! 大阪地検特捜部の主任検事の、押収品のフロッピーデスクの改ざんによるでっち上げは、前代未聞の不祥事だ。 このやり方なら誰でも刑事被告人にできる。しかも大阪地検の幹部が「問題なし」と判断していたのだから組 ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。