FC2ブログ
≪ 2021 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2021 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 支持率調査出ました!ジェットコースターになってます(笑)』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

尖閣漁船衝突「政府対応は不適切」7割、内閣支持率も急落48・5%
産経新聞 10月1日(金)11時56分配信
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は、沖縄・尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件を受けて、9月30日に緊急の合同世論調査を実施した。事件に対する日本政府の一連の対応を、70・5%が「不適切」と回答し、中国漁船船長の突然の釈放などに世論が厳しい評価を下していることがわかった。これを受け、菅直人内閣の支持率は前回調査(9月18、19日実施)の64・2%から15・7ポイント急落し、48・5%となった。
 民主党代表選で再選を決め、内閣改造で人心を一新したこともあり、政権発足後、最高を記録していた内閣支持率は、今回の外交・安全保障問題での稚拙な対応で、8月段階の水準まで落ち、政権の足下を揺さぶる結果となった。
 調査結果によると、事件への対応で62・3%が「菅政権へのイメージが悪くなった」と答えた。81・4%は菅政権の対応が「弱腰といわれても仕方ないと思う」と回答。事件対応をめぐって「日本は圧力をかければ屈するとのイメージを持たれる懸念がある」とした人も78・8%にのぼり、菅政権の事件対応への評価は、きわめて厳しかった。
 一方で、中国から日本向けのレアアース(希土類)の輸出通関が滞ったり、準大手ゼネコン「フジタ」の現地社員が拘束されるなど、中国人船長の逮捕後、中国が「報復措置」とみられる対応を繰り返していることを受けて、中国側の対応を「適切と思わない」とする中国に対する拒否反応が88・6%と9割近くに達した。
 79・7%は、中国の対応で「中国のイメージが悪くなった」と回答しており、急速に日本国民の「対中イメージ」が悪化していることもわかった。
 那覇地検が事件を引き起こした中国人船長を処分保留のまま釈放するとの決定を出したことについては、77・6%が「不適切」と回答した。また、84・5%が釈放決定に「政府の関与があった」と考えていることもわかった。


菅内閣支持率は案の定、急落しました。
菅内閣が発足すれば、何もしないで高支持率、消費税を持ち出して自滅して、支持率ダウン、今度は代表選で小沢氏に勝って内閣改造して、高支持率、本当にジェットコースターのようです。
世論頼みの菅内閣は支持率に縛られて政治をし、頻繁に世論調査を繰り返すマスコミは、世論を使って政治を誘導し、耳目を集めて商売をする、そういう構造が見えてきます。

先覚漁船問題で、菅内閣支持率は64%から1/4減り、48.5%になったと産経新聞の世論調査では言っています。
何も政策もせずに、内閣改造をしただけで、評価を与える国民も国民、世論調査もどうかと思います。
政策を実施して、生活が良くなったと実感したら、支持率が高まると言うのならば、理解できます。
単独介入以外、何もしていないので、支持率調査の意味がありません。
政権発足時は何もしていないのして、50%とするならば、支持率を政策への評価と考えると、今回は明らかに大失敗で、半減以下の25%以下が妥当な線と思います。

国民が直接選べる首相公選制なら内閣支持率は影響力大ですが、国民が首相を選べない議院内閣制なので、内閣支持率なんて直接的な意味はありません。
内閣支持率はナンセンス、イメージを調べる必要なんてありません。
内閣については、政策評価で十分で、より具体的な質問にすべきと思います。
むしろ、選挙があったらどこに投票するかの、政党支持率の方が大事です。

自民党政権下及び鳩山政権ではあり得なかった漁船拿捕・船長逮捕を、マスコミは前提にし、弱腰論を展開していますが、最初の重要な選択肢はそこにあると思います。
マスコミはこのように都合の悪い部分を隠して、日本の都合の良い部分だけを報道して、国民を煽っています。
逮捕行動をとるべきか否かの設問が抜けています。

中国が日本経済にとって重要な国かどうかの質問があって、菅政権を弱腰かどうかの質問があります。
強腰で行えば、日本経済に多大な悪影響が生じることは明らかで、それについて国民に問わないのは、極めておかしいです。
中国へのイメージや信頼が悪くなったと問うなら、経済的に依存せざるを得ない背景を考慮して、今後、拡大志向を続ける隣国中国とどう付き合うべきかも問うべきです。

弱腰外交を否定するなら、強腰外交で経済で依存する中国と裁判後も関係が悪くなって、経済への悪影響が長期化しても良いのか、そこまで国民に聞くべきではないでしょうか。
菅政権が逮捕から釈放へと180度豹変した問題の核心部分を聞かない世論調査は全く意味がないのに等しいと言えます。


ここまで具体的な世論調査をやるなら、感情だけ、表層だけを問うのではなく、不整合な部分。矛盾する部分を頭の中で整理させ、日本の将来を本当に真剣に考えさせるように、頭を使わせるべきと思います。
スポンサーサイト





愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。