≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 蓮舫VS片山さつき、どいつもこいつも。。。http://blog61.fc2.com/control.php#。』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

蓮舫大臣皮肉ったが…片山さつき氏も過去に撮影
 蓮舫行政刷新相が国会内でファッション雑誌の写真撮影に応じた問題で、民主党は8日の参院議院運営委員会理事会で「本人も反省している」と陳謝した。
 蓮舫氏も記者会見で「懸念を抱かせてしまったら本意ではない」と述べた。
 問題提起した自民党は、谷垣総裁が「ふざけている」と不快感を示し、同日の参院代表質問では片山さつき氏が「事業仕分けをやった方が1着百数十万円のドレスを取っ換え引っ換え着ている」と皮肉った。
 ただ、片山氏も衆院議員時代、国会内で雑誌撮影に応じたことがあり、記者団に「私は大臣ではなかった」と釈明。片山氏は当初、代表質問で官房長官の見解を求める予定だったが直前になって取りやめた。
 自民党の小池総務会長は記者会見で「外国では議会でコンサートなども開かれている。国会が閉ざされたままのほうがおかしい」と述べ、国会の閉鎖性に議論の矛先を向けた。
(2010年10月8日20時47分 読売新聞)


片山女史、自分も同じようなことをしたのを忘れて、他人を攻撃する、とんだ笑い話、間抜けな話ですね。
暗記得意の東大卒とは思えません。
菅さんも未納三兄弟と与党を厳しく追及しましたが、自分が未納だったと報道されて、実は未納でなかったのを調べずに、あっさり代表を辞めた間抜けな話を思い出しました。

蓮舫さんはテレビ出身、パフォーマンスがお得意のようです。
事業仕分けも実態の一部を明らかにした功績はありましたが、予算を捻出できず、あまり効果が上がりませんでした。
事業仕分けもパフォーマンスの要素が強かったと思います。
色んな仕分け人が評価すれば、万人が認めるものは整理できますが、それでは政治の意志は入っておらず、政党政治は機能していません。
事業仕分けは国民目線で評価する手法ですが、与党が自らの日本は今後こうあるべきと言う政治理念で事業を評価するのとは、かなりズレがあると思います。
さらに、仕分けした結果が、事業が整理されたかどうかは怪しく、結果に結びついていないように思います。
事業仕分けという方法の選択が誤っていたと言えるでしょう。
政治家が「国民生活が第一」で評価して、削減枠を定めて、優先順位を決めて、ばっさりやらないと、10兆円の予算捻出なんて、絵空事です。
与党国会議員が400人以上もいて、新人議員150人を除いても、250人、政務三役や党役員を除いても、150人はいます。
各省庁に議員を貼り付かせ、一斉に事業評価すれば、特別会計も含めて、1年でやれたのではないかと思います。
維新のスピードは遅すぎるし、やり方も生ぬるいと思います。

超タカ派の稲田議員の役人の書いた答弁書を見ずに自らの言葉で答弁しろと言う質問に、菅首相は質問する方も質問書を読まずに質問しろと同じ目線で応酬したそうです。
首相が、右翼議員の挑発に乗って、同レベルで応戦する、首相としての品格に欠けます。
首相として、大きな心構えで、ジョークの一つでも入れながら、受け流せば済むことです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。