≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

『まるこ姫の独り言 マスコミも菅政権もアメリカさまのご意向通りだ』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします、

<日米首脳会談>「対中国」が同盟をつなぎ留める
毎日新聞 11月13日(土)11時6分配信
 13日の日米首脳会談は、軍事、経済両面で台頭する中国をけん制しながら連携強化をアピールする場となり、「対中国」が傷ついた同盟をつなぎ留めていることを印象づけた。しかし、米軍普天間飛行場の移設問題は依然として解決の道筋は見えず、日米安保条約改定50周年に合わせた共同声明も先送りせざるを得なかった。11年の春に見込まれる首相訪米に向けて、本格的な日米関係の修復が急がれる。【西田進一郎、大貫智子】
【日米首脳会談】経済・軍事の両面で中国をけん制
 会談では、尖閣諸島沖の漁船衝突事件で日中関係、メドベージェフ露大統領の北方領土訪問で日露関係が悪化する中、米国が日本の立場を一貫して支持していることに菅直人首相が謝意を表明。オバマ大統領は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の日本の協議開始方針を歓迎し、将来の日本の国連安保理常任理事国入りに支持を表明するなど、双方とも随所に対中けん制を意識した発言が目立った。
 鳩山前政権時代、普天間問題をめぐってぎくしゃくした日米関係は、5月の日米合意を順守する姿勢を示す菅政権の誕生や米国に人脈を持つ前原誠司外相の就任が「米国側に安心感を与えた」(日米外交筋)ことで、修復に向かってきた。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や南シナ海での海洋権益拡大を図る中国に対し、日米双方が共同歩調をとる必要性に迫られたことが関係修復を後押しした。
 しかし、前政権で揺らいだ日米関係の足元は固まっていない。首相は大統領に対し「沖縄県知事選(28日投開票)の後に5月の日米合意をベースに改めて最大限の努力をしたい」と伝えたが、普天間問題の解決の見通しは全く立っておらず、「日米間で安保の議論が詰まっていかない要因」(外務省関係者)となっている。サイバーテロ、情報保全に関する突っ込んだ協議に至らず、今回の会談は「通過点」との位置付けとなったと言える。日米関係に詳しい民主党中堅議員は「あまりに米側の期待値が低かった。普天間問題の傷は深い」と話す。
 共同声明見送りについては、両首脳は「来春に出せるよう努力する」ことで合意したが、外務省関係者は「不安定な東アジア情勢を前に防衛費を減らし続ける日本に対し、米側は理解に苦しんでいる」と指摘する。不安定な東アジア情勢を見据え、米軍の抑止力や自衛隊のあり方をどうするかなど、鳩山前政権の退陣で立ち消えとなった議論をおこし、結論を導けるか。次回の首相訪米に向けて「現実主義外交」の内実が問われる。


アメリカの陰に隠れて、アメリカの言うことに頷くだけの外交、アメリカの衣を借り強いものにはへいこらし弱いものには見下す外交、経済援助という金でしか聞いて貰えない外交、それが日本の外交です。
外交力はアメリカ依存で、顔のない、発言しない日本だったわけです。
外交力が育ちもせず、危機感を持って、育てもしていませんでした。
中国、ロシアが経済的に遅れていたときは、アメリカの衣を借りておれば済みましたが、中国、ロシアが追い上げてきて、リーマンショックによるアメリカ経済の没落でアメリカの地位低下により、世界地図は一変しています。
アメリカ頼みでは済まなくなったのです。
そういう状況なのに、マスコミは鳩山政権のとき、日米関係が普天間問題で、アメリカが怒っている、アメリカを怒らせては国益に反するという、アメリカ一国支配のときの惰性の考え方しかできず、新興国の台頭による新たな世界秩序のなかでの視点が全く出来ていません。
マスコミの思考自体が、世界の流れを読めない時代錯誤なものです。
民主党も尖閣問題で、中露に対抗するため、親米派の前原外相は元より、菅首相までもがアメリカ頼みとなりました。
古くさい自民党的考えに戻ってしまいました。

弱いアメリカを頼りにしていては、国益第一のアメリカから偉い目に遭います。
そのうちアメリカを抜いてGDP世界1位となる中国に敵対することは、経済的にはあり得ず、上手くやっていくしかありません。
今こそ、日本はアメリカから自立するときが来ているのではないかと思います。
アメリカと強依存せずに、自助独立して、中露と丁々発止でやり抜く、強い心と強かなやり方を身につけなければならないと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。