≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 尖閣ビデオの瑕疵をあげつらうだけの自民系議員』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

野党質問は、尖閣でも何でも、与党攻撃のために、党を変え、人を変え、何人も同じことを言う。
政府与党もその度に、答弁に立つ閣僚や総理大臣は、同じような答えをする。
誰々の質問で答えましたので、議事録をお確かめ下さい、或いは誰それのやりとりを聞かなかったのですか、怠慢ですよ、と言っても良いはずです。
流出の責任は総理にあると、小泉ジュニアの他もう一人が、菅首相に謝罪させました。
小沢さんのときも、嫌となるくらい、同じことを何人も繰り返し聞きます。
党が違えばしようがないこともありますが、自民党内なら、何人も聞かず、一人に集中して質問させるべきと思います。
本当に、時間と、お金の無駄です。
国会、国会議員の行動は無駄ばかりです。

言葉の揚げ足取りに終始して、中味の議論が全くありません。
農業はどうするのか、事業仕分けはどうするのか、中国の外交はどうするのか、アメリカとは、小さい政府か大きい政府か、日本の将来は、議論すべきことは山ほどあります。
下らんことに時間を掛けないで欲しいです。
自民党だって、無能な大臣をいっぱい作ってきたのに。
そのことを反省せずに、良くも与党を攻撃できるものです。
自分たちが政権に戻ることより、もういい加減、国民のこと、日本のことを、最優先に考えて欲しいものだと思います。

また法務大臣の件で、自民党補正予算を人質にし、国会をボイコットするそかもしれません。
法務大臣が辞任しなければ、補正予算の協議に応じないと言っています。
法務大臣の首と補正予算を天秤に掛ければ、補正予算が大事なので、柳田大臣の首を、自民党などの圧力で切らされました。
法務大臣の首と補正予算を天秤に欠けること自体が間違っており、比べるまでもなく、国民生活に直結する補正予算の審議を最優先すべきです。
大臣を首にしなければ、審議に応じないというのは、国民を無視した最低最悪の行動です。
国民生活を人質に取り、政局にするという政治は、いい加減止めにしなければ、国会は死んでしまいます。
政局より、国民生活が大事ということを肝に銘じて、国会を改めるべきです。
その責任は与党でなく、野党にあり、野党は戦術を改め、国民生活が第一に、国会を根本問題の議論の場となるようにすべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。