≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 口を揃えて辞職を促す、仙谷官房長官、蓮舫、北沢』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

強制起訴で離党、議員辞職すべきという菅首相、仙谷官房長官、蓮舫大臣、北沢大臣の認識は狂っているとしか思えません。
これまで、そういう習慣があったのは、検察が起訴をすれば99%以上、有罪だったから、有罪が確定するまでに、現職に留まることは出来ないとして自ら離党したり、議員辞職したのだと思います。
起訴=有罪が前提での前例です。

小沢氏の場合は、素人の検察審査会が、マスコミの風評被害的な報道により、小沢氏=黒というイメージで、証拠もなく疑わしきは裁判すべきということでの強制起訴であって、99%以上有罪に出来る通常の検察による起訴とは全く違います。
東京地検は、ゼネコンなど虱潰しに1年以上も調べ上げて起訴できなかった案件です。
これまでなら、起訴出来なかったと言うことから、離党したり、議員辞職したりする必要にない事案です。

おまけに、特捜部が目を付けた事件は、村木事件で明らかになったように、証言も特捜部の描くストーリーに合うように誘導されており、冤罪事件の様相を呈しており、捜査自体が信用が出来ません。
このことは村木事件に限ったことでなく、自白に頼る特捜部捜査の特徴です。
秘書たちが供述した内容も、関係者の証言も、特捜部の筋書きに無理やり併せられた。
地検特捜部が絡む案件で、即、離党や議員辞職は完全におかしな話です。

菅首相、仙谷官房長官、蓮舫大臣、北沢大臣は、そういうことがあって、過去の事例と反していることに言及しないのは如何なものかと思います。
政局・政治を人権より優先する、人権意識が希薄な人達としか思えません。
特に、弁護士である仙石氏の発言はあまりに酷すぎます。
公平に報道しなければならないマスコミも、強制起訴と起訴とは全く異なること、地検特捜部の捜査に問題があることを、何故か口にしません。
法治国家の常識より、菅政権の手段を選ばぬ政権固執、マスコミによる世論誘導が勝っているようです。

人権のことを考えると、これまでの起訴=離党・議員辞職というのが、一概に正しいとは思えません。
これが言えるのは、議員自信が罪を認めたときで、刑が確定する前に、本人の意志で起訴=離党・議員辞職でも構わないと思います。
しかし、議員が無実であると言っている場合には、裁判で白黒が付くまでは、あくまでも推定無罪であり、それも国会や政党からで離党や議員辞職の勧告、除名措置などは以ての外です。
その判断が許されるのは、与党でも野党でも議員でも、マスコミでもなく、その人を選んだ選挙民だけです。
その議員を信用できないとするなら、選挙で落とせばよいのです。
議員が辞職するのは、マスコミが世論誘導で辞めさせる、党の圧力で辞めさせる、国会の決議で辞めさせるのではなく、自ら罪を認めて辞めるか、裁判で有罪となって職を剥奪されるか、或いは選挙民が投票によって辞めさせるか、それが法治国家というものだと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。