≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『まるこ姫の独り言 菅首相自画自賛、この7カ月は大きく見て間違っていなかった』に書き込んだコメントをベースにして記事にし、エントリーします。

【民主議員総会速報】(1)首相「この7カ月は大きく見て間違っていなかった」
産経新聞 1月12日(水)15時6分配信
 会場の東京・永田町の憲政記念館には、午後1時50分ごろから続々と議員が来場。会場の正面には民主党両院議員総会の横断幕。互いに新年のあいさつをする議員の姿も。報道席が十分に設けられておらず、着席できなかった報道陣や議員秘書で通路はあふれる。午後2時過ぎ、菅直人首相が入場、会場からパラパラと拍手が起こる。菅は壇上でにこやかに頭をかく。
 中野寛成両院議員総会長「皆さんあけましておめでとうございます。明日、大会を控えまして恒例の両院議員総会をただいまから開きます。本日の両院議員総会は、党大会を前にして、議案につき執行部より聴取し、議員の皆さんのご意見を伺うために行います。円滑な運営のためご協力をお願いします。本日は報道機関を通じてフルオープンとなっておりますので、あらかじめご了承いただきたい。すでに党所属国会議員の過半数が受け付けしているので、総会が成立していることをここに宣言します。本日は菅代表からまずごあいさつをいただき、その後、岡田幹事長にご報告をいただきます。まずは菅代表からごあいさつをいただきます」
 菅首相「新年あけまして、初めての方もおられます。皆さんあけましておめでとうございます。一昨年の9月に政権交代があって1年半、また昨年の6月に鳩山(由紀夫)総理の後を受けて私が総理に就任して7カ月が経過した」
 (この頃、小沢一郎元代表が会場に入ってくる。先導した岡島一正衆院議員は、「(通路を)あけてくださーい」。小沢氏は「いい、いい」と笑みを浮かべ、着席すると目をつぶったまま首相の話を聞き入った)
 「振り返る中で私は先に来日されたモンゴル大統領が国会でされたあいさつを思い出しております。あのチンギス・ハーンが馬の上で政権を握るまではうまくいった。しかし馬から下りてからが大変だった。かのチンギス・ハーンもそういう形で語ったということだ。私自身にとってもあるいは全力で支えていただいている皆さんも同じ思いをされているかもしれない。しかし私は7カ月間を振り返ってもやるべきことはやってきたと確信している
 「例えば今日の株価も1万円を少し超えている。二番底の懸念は何とか払拭(ふつしよく)されている。民主党を中心とした政権がやってきた1年半、あるいは7カ月の方向は大きくみて間違っていなかったと国民に言える。例えば来年度の予算、雇用と成長を中心に12月に予算案をくみ上げることができた。いよいよこれを成立させて実行することにとって雇用や成長を前進させることができると思っている。例えばEPA(経済連携協定)、インドやペルーとまとまり、韓国とも話し合いがはじまり、例えばベトナムではわが国を戦略パートナーと位置づけた。日米関係も安定している。もちろん尖閣や北方領土などロシアや中国と課題も多いが、世界的視野でみればわが国は多くの国から期待され責任は大きいものがある」
 「1月4日に記者会見をし、国の理念について3つを申し上げた。一つは平成の開国、もう一つは最小不幸社会の実現、一つは不条理の克服。明治維新は、下級武士が武士階級をなくするというのが明治の開国だった。1945年は内側からというよりは外からやってきたアメリカがやってきた。結果としては経済成長したが、自分たちで開国したのかといえば残念ながら内側ではなく外側からの開国だった。そして今日、多くの新興国のリーダーと会うと、自分たちは日本を目標にしてきたんだ、自分たちもそれになれないはずはないと頑張ってきたと口々に言われる。一方で目標とされたわが国の中で、若い人が海外留学に出る人が少なくなっているとか非常に内向きな国になりかけている」
 「今やれるかやれないかは、新興国がどんどん出ている世界史的な分水嶺(ぶんすいれい)に立った中で日本人が自らの手で新たに世界の責任を持つ一国として、新興国の兄貴分として助け、同時にそういう国の成長をわが国の成長につなげていく。これが第三の開国、平成の開国が成功するかの分かれ目だと思う」
 「この間、マスコミ報道があってややもすれば民主党はうまくいってないとか、国際的にもうまくいっていないと一方的に言われている。この責任は私にある。国際会議に追われて何とか一日の課題をやっていくためにも、精いっぱいの状況が続いたが、臨時国会終了後はカンフルブログをスタートし、学識者やメディアの関係者と会い、自分の考えを伝える努力をしてきた。多少は国民に伝えることができはじめたのかな、という気がしている」
 「私はぜひ皆さんに一つのことを申し上げたい。それは、自信を持とうじゃありませんか。私たちが1年半前に成し遂げた政権交代は一時的なことで崩れるものではない。チンギス・ハーンもすぐいい統治ができたわけではない。あそこから日本の第三の開国がはじまって、元気になってきた、そのきっかけは2009年の政権交代であったといわれる、そこまで頑張り切れるということを確信しながら、自信を持って進もうではありませんか、一緒に頑張りましょう」


大きく見て間違わなかったと菅総理は我田引水、自画自賛しますが、国民の支持率は2割台と低迷していることは全く頭の中で、因果関係に目をつむり、連動していません。
どこまでも、手前味噌、自分に甘すぎる総理です。
外国記者クラブの夫人の発言を聞いても、二人似たもの同士、ご都合主義の菅夫妻を思いました。
低支持率なのは、大きく見て間違っていた証拠です。
尖閣問題の処理だけでなく、法案が国会を通った比率が過去最低を見ても、出来が悪かったことは明らかです。

消費税発言、TPPへの参加など、マニフェストに書かれていないことを独断で進めることをリーダーシップと勘違いしています。
マニフェストの見直しを含め、マニフェスト以外の重要施策は党全体で協議してから、打ち出すのが当然で、今のやり方は独裁です。
政権交代の最大の功労者である小沢氏に対する仕打ちは、総裁選の公約である挙党態勢を破るものであり、味方を売る行為です。

自信を持とうと皆に呼びかけていますが、一番自信がないの自分だと思います。
自信のある人間はそんな泣き言を言わずに、ぐいぐい引っ張っていきます。
明治維新を成し遂げたような志があれば、皆も応援して前へ進むのですが、志がないから自信がなく決断できず誰もフォロウーしないのです。
みんなで議論をして固めたものなら自信がありますが、独断で決断しようとしているから、自信が生まれてこないのです。
社会福祉で高負担高福祉、中福祉中負担、小福祉小負担があり、国民はどれを選択するのかと菅さんが言ったことがあります。
これがよいと導くのがリーダーであり、政党、政治家の役割のはずなのに、国民の意見に従うというなら政治家は要らないと思いましたが、この人は野党のアジテーターであって、与党の政治家ではないとあの時、感じました。

両院議員総会ではこのような批判の嵐で、それに対して執行部は真っ正面から答えなかったようです。
菅さんを応援する発言がなかったので、菅さんは最後の方では泣きそうな顔で興奮して訴えていました。
菅さんの直情的で、器の小ささを実感しました。
批判に対して、向き合って、答えを出していけば、一致団結も出来るでしょうが、ガス抜きと思っているようでは、挙党態勢は夢のまた夢、難局を乗り切れるものではないでしょう。
また、政治評論家がガス抜きというのならまだしも、NHKのアナウンサーがガス抜きとニュースで揶揄するのは、政治を茶化している、侮辱しているとしか思えません。

平成の開国と誇大視しているように思います。
今までも2国間協議をやってきているし、TPPという多国間協議もその流れのものであり、取り立てて開国と言うほどのものではありません。
明治の開国は鎖国を解くと言うことですから、確かに驚天動地の改革です。
戦後の開国は、閉鎖的な軍国主義からもとの世界協調主義に戻っただけで、明治の開国に値するものではありません。
TPPも含めて、すべて外圧からであり、日本から発信したものではありません。
ことさら、自分の政策を重要だと思わせるための詭弁に過ぎません。
まるで、官僚が描くストーリーの受け流しのように聞こえてなりません。
消費税増税も含めて。
自由貿易を解禁したとき、農業問題はどうするのか、環境問題はどうするのか、その答えもなく、乗り遅れるからという論理では、国を任せられません。
どういう国にしたいかが先ずあって、農業、環境、ものづくりはどうするかという理念があっての自由貿易です。
食糧問題は食糧安保と直結し、環境問題とも直結します。
ただ自由に貿易するだけでなく、農業、食料、環境問題とリンクした貿易協定の枠組みを、日本から提案して、世界をリードしていく存在になるべきです。
菅政権は常に受け身、これでは平成維新は萎むばかり、自民党政治とあまり変わらないという評価しかないでしょう。

ジンギスハーンも時間がかかったと言って言い訳していますが、凄まじい努力と行動をして、花開いたと思います。
反面教師ですが、小泉政権が長持ちしたのは最初から全速力で走ったからです。
仮免などと、押っ取り刀のようなことを言っていては話になりません。
官僚、マスコミ、アメリカ、大企業という、強大な抵抗勢力に立ち向かい、平成維新を成し遂げるには、最初から全速力で行かないと、矢折れ尽きてしまいます。
案の定、友愛の鳩山さん、日和見の菅さんは完全に方向転換し、官僚、マスコミ、アメリカ、大企業と手を組んでしまいました。
小沢さんを政治と金で民主党代表から、官僚、マスコミが引きずり下ろしたとき、勝負は決まった、と思います。
理念無き民主党の迷走と小沢氏下ろしによる弱体化は現実のものとなり、次の総選挙の圧倒的な敗北へと向かっていると思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。