≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 安倍首相は国難突破解散と言いますが、少子高齢化や北朝鮮問題は今に始まったことでは無く、今だけが国難ではありません。
 少子高齢化、北朝鮮問題は殆どの期間、政権を担当してきた自民党政権の対応の失敗、失政です。誰が作った危機、笑わせます。
 国難突破解散ではなく、もりかけ事件や独裁的な政治等、実から出た錆を払拭し、憲法改正のための任期4年を確保する、自分の災難突破解散と言えます。

 安倍首相は小池新党を見誤りました。小池政治・小池新党の化けの皮が剥がれる前に解散に打って出たのは大誤算でした。

 年齢から見て小池都知事が総理になる目は無いと思っていましたが、ホップ、ステップ無しのジャンプ、いきなり女性総理になる、驚天動地の民進党の合流、こんな手があったとはびっくりです。お金、組織、候補者を手に入れ、政権選択ができる2大政党になるとは。都知事を辞めて総選挙に出るしかありません。

 野田聖子議員を後継の都知事に指名できれば、自民党は割れますね。勿論、野田議員は希望の党の後継者です。

 前原代表は名を捨て実を取ると言っていました。与党だった小池派(保守)と野党だった民進党保守派(中道保守)は考えは違います。新人ばかりの小池派と経験者ばかりの民進党出身者とのせめぎ合いが始まります。安保の踏み絵や総理・代表者の排除、小池派の数的有利など、小池派は仕掛けています。

 保守2大政党に大いに疑問を感じます。
 弱い者の味方であるリベラル派への選択枝が無くなってしまうので、良いのでしょうか。国民が右傾化しているのでしょうが、それにしても、国民と議員の構成が不一致、リベラル派議員が余りに少なすぎます・
 誰か、リベラル派の有名人が出て、我々の受け皿となって欲しいものだと思います。

 全員の希望の党への移行を前原氏は約束したので、皆賛成したのを代表としてどうするつもりなのでしょうか。後に分党するとして、リベラル派議員には希望の党の候補者を立てないというのが、最低限の代表としての責任だと思います。

 自民党が中道右派から極右まで幅が広いのは小選挙区制にぴったりあっているのに、希望の党は中道右派しか入れないという小池代表の考え方には、小選挙区制ではどうかと思います。ましてやお金も組織も手に入れる見返りにやることでは無いと思います。

 安倍一強を終わらせるには、自民党から希望の党へ票が流れることに期待し、リベラル支持者はリベラルが死滅しないように、リベラル候補に投票すべきと思います。連合は希望の党、中道右派を応援するというのは誤り、立ち位置は労働者、リベラルのサポートであるべきと思います。

 安倍首相は自ら、もりかけ問題で関係していたら、首相はおろか議員も辞職すると言っていました。議員辞職してまで責任を取らなけれならないことが小さな事でしょうか。総理の意向で、隠れたところで行政をねじ曲げるのは民主政治の根本を崩す一大事だと思います。

 野党が求める臨時国会開催を所信表明だけで冒頭解散するのは、国会軽視どころか、憲法違反では無いでしょうか。所信表明に対する野党質問があってそれに内閣が答えてはじめて、国会が最低限開かれたと言えます。

 安倍内閣は集団的自衛権の解釈をはじめ、安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法案など、歴史に名を残す暴挙のオンパレードです。

 安倍首相の人間性は最低最悪ですね。安保法案等の強行採決法案やもりかけ問題も丁寧に説明すると言いながら、全く説明せず、仕事人内閣と言いながら、国会も開かず僅か2ヶ月で殆ど仕事はせず、山尾問題等で衰弱しきっている民進党、生まれたての赤子のような○○ファースト?を奇襲攻撃で寝込みを襲うような衆院を解散して、大嘘扱きの人格破綻者です。

 憲法では総理に解散権があるとは書いてません。最初に、7条で象徴天皇は、内閣の解散等の重要な決断に箔を付けるだけの国民の象徴としての国事行為を示している。具体な事はそのあと69条で解散は内閣不信任案、信任案の時だけとある。素直に読めば、内閣不信任案、信任案の時で解散するときに、天皇は飾りとして解散を宣言する、が正しい。
 与党がいつでも解散できるのは世界で4カ国だけです。未だ戦国時代の戦のように、何をしても勝てば良いというの、民主主義の国ではありません。与野党万全の体制で納得のいく説明をして、国民が深く十分理解して、選挙を行うことが、民主主義であり、国民の政治への熟度、民度が上がるというものです。

 最高裁が判断を敬遠した総理の専権事項は、憲法違反の可能性があります。辻褄合わせ的に、誰もが総理が説明しなくても気付く大義が必要なのですが、総理の説明が必要という今回は、現時点で大義無しと同じ、勝つため解散にしかありません。与党が勝ち続ける、このシステムが野党を駄目にしたとも言えます。

 いつでも解散の発祥のイギリスですら、不信任案以外は任期終了後です。憲法を変えずに法案で行っています。正々堂々と、公明正大に戦う。民主主義の国家なら当然です。敵の寝込みを襲うなんて、いつの時代ですか。
 野党は憲法解釈を固定するため、7条解散が出来ない法案を選挙公約に掲げ、争点化すべきです。

加計学園関係者の中田前横浜市長、安倍総理を擁護
 中田横浜前市長のユーチューブみました。加計学園から給料貰って、加計学園の擁護を垂れ流す、この厚顔無恥振りに開いた口が塞がりません。お金を貰って擁護、誰が彼の話を信用するのでしょうか。擁護にもならなければ、自らが自らを貶めていることに気付かないのでしょうか。

首相を応援する者を優遇する、反省しない安倍首相
 安倍首相が反省すべきは、議院内閣制でありながらの大統領制如き、強権的な政権運営です。反省したはずなのにまたポカの稲田大臣は続投、官邸を守った佐川理財局長の国税庁長官への栄転、官邸に一番近い経産省官僚の登用、独断で期限や方針まで決めた憲法改正を延期しないことからも、反省の様子はありません。根性の腐った反撃の手を考えているのでしょう。

 G20の記念撮影では1段目では無く、2段目、本人にとっては屈辱だったでしょうね。安倍家の劣等生、俺は偉いんだと言いたいのでしょうが。

 たかじんが亡くなった直後の番組を八代弁護士が継承していたのを思い出しました。たかじんが右だったので彼も右の人なんでしょうね。田崎氏欠席なので、安倍応援の役目を演じたのでしょう。

国民が納得するのは内閣官房・内閣府の公文書の公開
 八代弁護士は総理は否定しているの信用できないはおかしいと言っていました。裁判なら疑わしきは罰せずですが、こと政治の世界、疑わしきは罰すると言う国民の反応は当然です。お友だちに利益供与を疑われる行為はしないのが権力者の鉄則ですが、安倍一強に安倍首相は驕りましたね。
 安倍官邸や内閣府が一切関係ないと全否定してから、文科省から関わった文書が出てくるのですから、信頼を無くすのは当然です。全否定という、あくまでも強気の姿勢が国民を騙すベストな手法と首相は考えていると国民は見抜いているのです。
 小出しにする羽目になっています。首相が予算委員会で単純に全否定しても、国民は納得しませんし、丁寧な説明でもありません。国民を納得させるには、内閣府、内閣官房から、文科省とのやり取りの文書を公表することです。石破4条件を誰が見てもクリアした経緯の公文書、さらに加計だけに絞った公文書の公表です。

次は証人喚問へ
 次は、加計理事長も含め、関係者全員を偽証罪に問える証人喚問で開けば、参考人招致での断言は無くなり、記憶に無いが増え、更に官邸は追い込まれるでしょう。政治家は嘘を付くが、役人は嘘がつけないので、参考人と証人で発言が食い違うでしょう。こんな小出しにするのは、自民党自体が安倍首相が本当に加計を優遇し行政を曲げたと信じているからでしょう。

内閣人事局で高級官僚が官邸に束縛
 内閣人事局の話が出ていましたが、任命は審議官級以上、その数600人以上、高級官僚は全て官邸の方をみることになります。次官級審議官(局長より上)以上にすれば、各省で数人です。政治主導ならこの範囲で十分です。定年間近なら、政権に批判も出来るでしょう。良く考えると、大臣を飛び越えて、官邸が人事を牛耳るのもおかしな話です。総理が大臣を任命し、大臣が次官級審議官(局長より上)を任命するのが正しいように思う。大臣が総理の方を向いていれば、大臣は適正な官僚を任命するはずです。

山本大臣の国民軽視の説明
 国会閉会後審査において、無理やり、矢面に立とうとする山本大臣の小声、早口で聞き取れない説明、酷かったです。テレビ画面の向こうに国民が聞いていることを念頭に置いていないのです。どこが、安倍首相の言う丁寧な説明なんでしょうか。

文科省の公文書VS内閣府の答弁、真実は明らか
 文科省のその時に書いた物と、内閣官房と内閣府の今現在の証言、食い違っています。どっちか分からないと言う結論にはなりません。書いた物のほうが証拠となり、圧倒的に信ぴょう性があります。証言には証拠がありません。
 マスコミは明らかに、文科省のメモが真実で、官邸側の証言は信ぴょう性が無いと言うべきです、証言が正しいというならば、内閣官房と内閣府のその時の書いた物を提示すべきと迫るべきです。

ワーキングチームに獣医学の専門家無し
 政権側はワーキングチームの人を出してきましたが、こんな下っ端を出してきてどうなるのです。ワーキングチームのメンバーみると、獣医学関係、酪農畜産関係、教育関係の専門家が入っていません。獣医学ではど素人のメンバーが集まって正しい判断が出来るのでしょうか。人選は規制緩和の専門家ばかりで、なにおか言わんやです。

加計関係者全員の証人喚問が必要
 追い込まれての譲歩の繰り返し、和泉総理補佐官、基礎内閣府官房参与、藤原内閣府審議官、加計理事長などのはなしは聞けていません。結局、内閣府のメモも出さないし、キーマンも出さないし、国民は加計、森友を総理は依怙贔屓したと確信しているのは免れません。登場人物、全てを国会に呼んで、偽証罪で問われる証人喚問すれば、国民も説明責任を果たしたと納得するでしょう。

安倍政権・支持者は本質より個人攻撃は逆風効果
 基本的にはフジテレビ、日本テレビは視ません。
 官邸により、公正な行政が歪められたかどうかが、問題なのに、北村弁護士はそれとは直接関係のない、むしろ論点をずらし、疑念を明らかにする妨害しているように、視聴者には見えます。論点ずらしは逆効果で、やればやるほど、本当に行政が歪められたと国民は更に確信するのです。次の選挙で自民党から出るのでしょうか。

優秀な京産大を除外する条件追加
 加計学園だけだと思って蓋を開けたら、京産大が対抗馬として出て、IPS細胞の山中伸弥教授の研究所とも連携し、石破4条件には京産大の方が叶っていて、加計学園が負けると感じたから、広域的に無いとか、30年4月開校という条件を付け加えたのでしょう。勿論、安倍総理と加計理事長の相談の上でしょう。だから、加計に決定する前から決まることを前提に、設計や事前相談を行い、今現在、工事がハイピッチで進んでいるのが何よりの証拠です。決まってから設計すれば31年4月開校、文科省も当初の萩生田氏もそう考えていたのでしょう。

 8月の文科省の大学認可の審査は、国民が目を光らせています。ゴーサインは出せないでしょう。

背任罪と拠隠滅罪で告発
 森友事件は、弁護士達が異常に安く売った背任罪と、経緯を記した示公文書を遺棄した証拠隠滅罪で大阪地裁に告訴しました。校舎下のため池にはゴミがあったでしょうが、運動場下の元田圃にはゴミは無かったことは知っていたはずです。証拠隠滅を命じた疑いのある佐川氏は森友事件が解決するまで留任すべきです。犯罪の疑いのある人を栄転なんて飛んでもありません。

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。